読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

サイクリングとは呼べぬ

サイクリングといえばせいぜい10キロそこそこで、フルマラソンの距離を

超える自転車の旅を考える人は少ないと思うし、ましてや日本縦断などというと

酔狂と言われても仕方がないと思います。

だから、先日警察に保護された大阪府から青森県まで2カ月あまり盗んだ

自転車で旅をしていたという少年の行動には理解に苦しむところがあるし、

実家のある横浜市から関西までどうやって行ったのかとか、盗んだ自転車で

旅など尾崎豊の歌ではないし周りに心配をかけて自転車の持ち主に

迷惑をかけるだけではと言いたい思いがします。

関西に一度行ったあとで見当違いのような青森県に行ったことを考えると

行き当たりばったりで旅をしていた様子が伺えるものの、野宿をして

いたにしても仙人のごとく2カ月飲まず食わずというわけにはいかないので

最低限の飲食代を持っていたかパンやおにぎりを万引きしたり

親切な人に譲って貰ったことが考えられるけれど、体力が有り余るような

世代とはいえ2カ月も自転車の旅を続けられたにはそれなりに飲食を

していたはずだし、風呂にも入れず雨露も凌ずおまけに土地勘の

全くない右も左もわからないところでどうやって生活していたのだろうと

思うのです。

保護されたときは所持金は僅かだったというし、あり金を使い果たし体力も

持たなくなって観念したのかもしれないけれど、無鉄砲な家出を実行して

しまった少年が自宅から持ち出した貯金を大事に大事に使っていたとは

考えにくいし、やはり旅の途中で日雇いなどの仕事をしていたか

協力者がいたと考えるのが自然なように思うのです。

問題の少年はこの不可思議な旅の顛末をなかなか語りたがらないかも

しれないけれど、協力者がいれば協力者も犯罪に問われる可能性があるし、

旅の途中で無賃乗車や無銭飲食をしていた可能性もあるので

少年の将来のためにも、窃盗以外の犯罪に手を染めていないかも含めて

調査する必要があると思うのですがいかがでしょうね。