mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

重篤ならば呟けぬ

昨日からメディアを騒がせている女優の清水富美加さんの引退騒動。

詳細がわかってくるにつれて矛盾するような話ばかりが出てきて、

信仰の自由を主張するのはいいけれど、立つ鳥跡を濁さずという

社会人の基本のきを破り捨てた代償を彼女は否応なしに負わされると

思うし、いつの日か洗脳や呪縛から解かれて素に戻ったとき、

お金の部分もそうでない部分も含めて高い代償を払ってまで

新興宗教に帰依する必要があったのだろうかと自問自答することに

なると思うのです。

その時点で後悔しても芸能界に戻れないことは、桜田淳子など今まで

新興宗教の広告塔のように揶揄された先輩芸能人の姿を見れば明白ですが。

この宗教云々の前に筆者が可笑しく思ったのが、教団側が心身ともに重篤で

仕事などできぬと言っていたのに今月の初旬までこの幸福の科学への

信仰心などおくびにも出さないままで彼女がテレビで元気な姿を見せて

いたことや、引退騒動が報じられた後もTwitterで発信を続けていることや、

乱れた字ではあるもののびっしり書かれた直筆のコメントを

マスコミに寄せたことです。

一般論を言えば重篤というのは面会謝絶のような病者に使うことばで

あると思うし、そのように評された彼女が先のような発信活動を続けている

ことは矛盾以外の何物でもないし、寝耳に水の引退騒動でただでさえ

分が悪い彼女が、体調不良を理由に巡業を休場しながら母国で

サッカーに興じていた朝青龍のように、重篤なのになんでパソコンか

スマホを弄ってTwitterができるんだ、そんな元気があるならカメラの

前に出てきて説明責任を果たせと批判されやしないかと思うのです。

テレビのコメンテーターが述べているように信仰の自由は勝手だけれど、

これでは職場放棄や契約不履行と言われても仕方がないと思うし、

看板女優を突如喪うことになる事務所側は違約金や損害賠償請求の

民事裁判に打って出るべきと思うのです。

裁判の過程で幸福の科学という団体の化けの皮が剥がれるかもしれないし、

それがカルト教団の詐欺や洗脳の被害に苦しむ一般の人々の救済の

呼び水になれば言うことなしだと思うし、系列の幸福実現党

国政選挙の落選した候補者の多額の供託金を支払えるならば

幸福の科学も今回の違約金ぐらい払えるだろうし、民事裁判を

担当する裁判官もそのくらいお見通しですよと教団側に言いたい

ところですがいかがでしょうね。