読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

外交に見る違い

史上初の日朝首脳会談の際に、核やミサイル開発や日本人拉致問題など

わだかまりのある北朝鮮政府に飯や宿を奢って貰うわけには行かないと

日帰りで訪朝して、先方の用意した昼食ではなく日本から持参した

弁当を食べた小泉純一郎元首相に同行し、当時の金正日総書記を

厳しい眼光で見つめていた安倍晋三首相。

その彼が先ごろ望んだアメリカの新しい大統領との日米首脳会談で

大統領と会食したばかりか、大統領の一族が経営するホテルに投宿して

2人きりでゴルフカートに同乗するなど親密ぶりをアピールしたことに

先の日朝首脳会談の際の北朝鮮政府への対応との違いがありすぎて

正直戸惑いを覚えるとともに、在日米軍の駐留経費の負担に難癖をつけていた

新しい大統領とゴルフカートに乗ったところで我が国の安全が担保される

保障はないし、逆に我が国の将軍様を侮辱しておいてアメリカには神対応とは

どういうことだと北朝鮮政府を刺激しかねないし、ゴルフカートがいかにも

日米同盟の象徴に受け取られて、反米思想の強いイスラム過激派のテロの

標的として我が国が狙われやしないかと思ってしまうのです。

経済の面にしても、このゴルフカートは日本製かと言ってアメリカ国内の

雇用問題と絡めて貿易摩擦の問題をアジェンダとして取り上げようとする

大統領に強烈な皮肉を言われないかと我が国の識者に指摘されていたし、

大統領一族のホテルに投宿してゴルフをともにしたところで、トヨタ自動車

生産動向に気を揉む我が国の中小零細企業が救われるどころか、

逆に大統領の術中にはまって相手にいいようにされてしまうように

思うのです。

就任直後から奔放すぎる発言を繰り返す大統領の言動に一喜一憂せずに

安易にアメリカ本国への大規模投資を約束したり、大統領との親密さを

内外にアピールするよりも、冒頭の北朝鮮の事例は極端にしろ、

大統領やアメリカ政府とは一定の距離を置いて相手の出方をうかがった

ほうが長期的に見れば我が国にとって得策と思うのですがいかがでしょうね。