読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

恋の駅

バレンタインデーが近く、昨年恋と題した歌がヒットしたこともあって、

鉄道ファン以外にも恋という字が付く駅は注目されそうな存在です。

北から順にJR北海道室蘭本線の母恋駅、三陸鉄道南リアス線恋し浜駅

西武鉄道国分寺線の恋ケ窪駅、智頭急行線の恋山形駅だけれど、

恋ケ窪駅以外はローカル線やローカル駅であったり、恋山形駅

山形県でなく鳥取県の山中にあるのも面白いところです。

他にも母恋駅には知る人ぞ知る駅弁があったり、東日本大震災の壊滅的な

津波被害から奇跡的に復活した三陸鉄道も印象深く、震災以降に

こいしの漢字を小石から恋しに変えたのも意味ありげな感じがします。

JR北海道の経営難が伝えられ、旅客サービスやローカル駅の合理化が

伝えられる中、母恋駅と素朴なホッキ貝の駅弁もそのままであって欲しいと

思うけれど、三陸鉄道も後学のためにと津波の被災地を訪れたり、

この三陸鉄道が登場したNHK総合テレビ連続テレビ小説あまちゃん

感化されて聖地巡礼のように訪れる内外の観光客の客足が一段落しても、

恋愛成就を願う帆立貝の貝殻が並ぶ恋し浜駅と、地元住民には

なくてはならない足である北リアス線南リアス線の両線をこれからも

守り続けて欲しいところです。

さて、恋ケ窪駅だけは首都圏の住宅地の中のいわば普段着の駅であって、

西武鉄道の代名詞のようなレッドアローも通らないけれど、

駅前のモニュメントにさりげなくハートの飾りが装飾してあるのは

心憎い演出と思います。

最後の恋山形駅はさりげない演出どころか、男性一人で降りるのが

ためらわれるほどの派手なハートの飾りがしてあって、先ごろ智頭急行線も

この駅をターゲットにしたイベント列車を走らせたけれど、

皇太子妃の旧姓と同じ字面から恋愛成就のお守りにと

のどかな雰囲気には不釣り合いな大きなハートの椅子が置いてあったのに

一過性のブームが過ぎ去ったら秘境駅と呼ばれるようになってしまった

JR東海飯田線の小和田駅のようにならぬように智頭急行線には

他にもあわくら温泉駅宮本武蔵駅など優等列車は止まらないものの

旅心をくすぐる駅もあるのだし、恋の字だけに頼らずに

温泉や史跡巡りと合わせた永続的な集客策を講じて欲しいものです。

ここまで駆け足で恋の字が付くJRグループや私鉄の駅を巡ってみたけれど

いずれも味のある駅ばかりだし、バレンタインデーや流行歌をきっかけに

一人でも多くの乗客が降り立ってくれればと思うのですが

いかがでしょうね。