mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

電子頭脳と幸福論

昨年愛知県内でポケモンGOに夢中になって前を見ていなかった運転手が

児童を跳ねて轢き殺してしまいという痛ましい事案の記憶が覚めない中で、

またしてもスマホのナビゲーションに夢中で親子連れを跳ねて死傷させた

トラック運転手が報じられて、視覚障害者とスマホに夢中の若者が

駅のホームでぶつかったり、乗務中なのにYouTubeに夢中になっていた

地下鉄の現役の車掌など、一つ間違えば大事故という事案も含め、

スマホやアプリのために人命が危険にさらされるようでは、人類の

幸せのために登場したはずの電子頭脳やインターネット、携帯電話が

人類を不幸にしているのでは、このまま高度情報社会が進むと

社会が快適に向かうどころか破滅に向かうのではないかと

筆者は危惧してしまいます。

考えすぎと言われそうだけれど、先の交通事故の犠牲者たちは文明の利器の

犠牲になったと言っても過言ではないし、電子頭脳や人工知能

ドラえもんのように我々の夢を叶えてくれるものだと信じていた筆者自身も

システム開発の現場でブラック企業と称されるように電子頭脳の影の部分を

嫌というほど見てきたので、情報処理技術は必ずしも我々人類を幸福に

するものでなく、先のスマホ絡みの交通事故の事例のような人工知能

依存しすぎることによる弊害や、ブラックボックスのごとく

一般の消費者には見えてこないシステム開発の現場の戦場のような

実態とそこで身を粉にして働く未来ある若者の辛さを考えると、

人工知能は人類を不幸にしていると言えなくもないと思うのです。

こうした時流の中でシステム開発の現場を含めた働き方改革の議論と同時に

日本の原風景ということばが多く聞かれるようになったり、こうした

山村の古き良き風景やスマホなど存在しなかった時代を扱った

アニメ映画が若者に支持されたのはいい傾向であって、

我々日本人がほんとうに大切なものは何か気づきはじめた証拠だと

思うのです。

運転手を生業とするプロのタクシーやトラック、観光バスのドライバーたちも

古地図片手に原風景の中を嬉々として散歩するタモリさんの姿を画面で見て

スマホ片手に運転して安全確認を怠るのがほんとうにプロと言えるのかとか

スマホなどなくても紙の地図で運輸運送業は何十年も成り立ってきたでは

ないかと一考して欲しいところです。

さて、間も無くアメリカの新しい大統領と安倍晋三首相との日米首脳会談が

アメリカ本国で開催されます。

傍若無人な言動を一向に止めない大統領が無謀な要求を突きつけてくるかも

しれないけれど、人工知能やインターネットの発祥の地であるアメリカとの

付き合い方を大統領の交代を契機に見直すことも我々日本人にとっては

長い目で見て有益と思うし、今よりも貧しくて人工知能などなかったけれど

心は豊かだった植木等の時代に戻れるチャンスかもしれないと

思うのですがいかがでしょうね。