読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

受信料の使い道

民間企業の宣伝をしない建前のNHKの自社の番組宣伝が多いと識者が

指摘したそうです。

確かに紅白歌合戦連続テレビ小説大河ドラマなどの看板番組は

嫌というほど宣伝があっていい気持ちはしないけれど、

筆者が問題視したいのはそれよりもこの番組宣伝と同じぐらい流れている

受信料の支払いの呼びかけです。

先日もこの受信料のお願いを目にしたけれど、NHKの現役の記者の破廉恥な

不祥事が取り上げられたばかりで正直嫌悪感を覚えたし、

スケベの糧になるなら受信料など払ってやるものかという視聴者の思いは

大いに正論であると思うし、件の記者に辱めを受けた被害者や家族が

この受信料のお願いを目にしたらはらわたが煮えくりかえる思いであると

思うのです。

さだまさしの深夜番組に映り込む黒板にさりげなく書いてある受信料の

お願いもそうだけれど、先のスケベ記者しかり業務用のタクシー券

不正使用しかり幹部の失言しかり、自局のスキャンダルが起きたら

テレビやラジオを通じた受信料の呼びかけは自粛すべきと思うし、

それでも放送法で決まっているのだから受信料を支払えと言うなら

個人情報流出騒ぎの責任を取って一定期間テレビショッピングの

放送を自粛したジャパネットたかたの対応が神対応と未だに

賞賛されているのをどう考えるのか、民間企業であっても

不祥事を起こしたらCMの放映を自粛するのが普通だぞと

NHKに問い詰めたいところです。

多チャンネル化や若者を中心としたテレビ離れの中で国営放送でも

民放でもないNHKの形態には限界が来ていて、先のスケベ記者しかり

職員の詐欺や横領しかり限界が形として現れてきているのだと思うのです。

NHKに望むのは、さだまさしSKE48のような出演料の掛かる芸能人を使った

受信料の呼びかけを止めて、自局のアナウンサーや新聞のテレビ欄の

小さな広告を使った最低限の呼びかけに留めるとともに、

しきりに働き方改革を番組で取り上げるのはいいけれど、

番組制作費の削減や職員の働き方改革やワークライフバランスを考慮して

民放でもいくらでも放送されているようなお笑い番組や

若者向けの歌謡番組や、環境映像を垂れ流しにしているような

深夜放送を廃止したらどうかということです。

こうすれば受信料を削減することは十分可能だと思うし、

環境問題や働き方改革というアジェンダを扱った報道に

真実味が出ると思うのです。

もっと言うならばスケベ野郎の糧になるなら受信料を払わないと

言われないように、正規の職員だけでなく契約や委託のスタッフを

含めて女性の比率の向上や人物重視の採用の強化を図ってはいかがかと

思うのですがいかがでしょうね。