mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

マスク

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷旧正月春節の休暇を利用して

中国人が大挙して押し寄せていると聞いて、現地では珍しい日本式の

温泉施設や、雪を抱いた北アルプスの秀峰が目当てかと思ったら、

確かにそういう旅行客もいるけれど最近では高山市の綺麗な空気が

旅行客の関心を引いているということで、わざわざ新鮮な空気を

吸うために大枚叩いて渡航する中国人の姿に、たびたび我が国の

メディアでも取り上げられる本国の深刻な大気汚染が頭をよぎりました。

この中国には我が国の大手生活用品メーカーや衛生用品メーカーも

進出していて、品質のいい日本製を売り物に汚い空気を吸いたくない

当地の消費者に自社のマスクの販促をかけているけれど、光化学スモッグ

目と鼻の先も見えないほどの大気汚染に見舞われている当地では

よほど飛沫防止効果の高いマスクでなければ効果は薄いだろうし、

得てしてそういう遮蔽性の高いマスクを付けると汚れた空気や

病原菌をシャットアウトできる代わりに健康な人でも息苦しくなるのが

事実だと思うのです。

さて、我が国を振り返ってみると中国ほども大気汚染は深刻でないものの

アジア大陸からの黄砂やPM2.5の飛散を懸念してマスクを付けている人も

少なくないだろうし、新型インフルエンザのような強力な病原菌を

遮蔽できる市販のマスクは少ないことは頭でわかっていても

マスク信仰と言われるように気休めに過ぎなくても風邪や

インフルエンザの流行期には予防と思ってマスクを付ける人も

多いと思うのです。

でも、健康に気を遣うことは悪いことではないけれど、小中学校や会社で

風邪の人も元気な人もズラリとマスクを付けている光景はやはり奇異に

映るものだし、市販のマスクをファッションの一環でシールなどを

使ってデコレーションする若い女性はまだ理解できるけれど、

お見合いの席でもマスクを外さない人がいるというのはさすがに

マナーの上でどうかと思うし、息苦しさや発声のしにくさから

マスクを付けていると自然と会話やコミュニケーションが減ってしまうという

現役の医師の指摘ももっともだと思うのです。

冬場にマスクを付けていないと不安になるのは理解できるけれど、

何事もやり過ぎは良くないし、テレビのアナウンサーがマスクを付けて

画面に登場している姿がほとんど見られないことや、路線バスの運転手の

マスクの使用を許可制にしている事業者があることも我々は

頭の隅に置かねばならないと思うのですがいかがでしょうね。