読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

チエックアウトサービス

かつてJR東日本上野駅JR西日本金沢駅とを結んでいた寝台特急

北陸号で、両駅の距離が短すぎてこの列車が冬なら夜も明けぬうちに

金沢駅に着いてしまって、眠りについたままの金沢市の市街地に繰り出しても

コンビニや深夜喫茶ぐらいしか行き場がないという指摘から

チエックアウトサービスと称して、金沢駅に着いた北陸号を今は

IRいしかわ鉄道線の駅になった東金沢駅に回送して、睡眠不足を補いつつ

街が起き出すまで東金沢駅に留め置かれた列車の中で希望する乗客に

時間を過ごして貰おうというサービスが行われていました。

このチエックアウトサービス、面白い発想であったと思うけれど、

知名度の低さや東金沢駅に車両を回送するJR西日本の手間や、

北陸本線の列車で金沢駅に戻る乗客の手間が嫌われてあまり知られることの

ないまま打ち切りになって、そのうち北陸新幹線の開業準備で

北陸号自体が廃止になってしまったけれど、チエックアウトサービスの

イデア自体には捨てがたいものがあるし、現在この首都圏と石川県、

富山県福井県などを北陸新幹線の走らない深夜帯を縫って走る夜行バス

はじめ、名古屋市岐阜市と首都圏を結ぶ夜行の東名ハイウェイバス

中央道ハイウェイバスなど目的地に早朝に着いてしまう夜行バスに

北陸号で行われていたチエックアウトサービスを形を変えて導入しては

どうかと思うのです。

一部の高速バス事業者では首都圏に早朝に着いた乗客向けに専用の

ラウンジを設けたり、時間を潰せるように深夜営業のサウナやネットカフェの

割引券を配るなどのサービスを行っていて、これはこれでいいと思うけれど

眠い目をこすりつつ一旦バスから降りないといけないことには

変わりがないし、先のチエックアウトサービスのように首都圏に着いたら

先を急ぐ乗客一旦をバスから降ろしてからバスを車庫やバスセンターに

留め置いてゆっくり休みたい乗客が朝寝坊できるようにするとか

そういう乗客向けに深夜のパーキングエリアで時間を潰して

首都圏に頃良い時間に到着する便を設けたほうが乗客もバスの中で

ゆったり休めるしバス会社もラウンジや割引券を用意する手間がかからなくて

双方にとってメリットがあると思うのですがいかがでしょうね。