読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

受験旅行

福岡市で国公立大学の二次試験と他のイベントが重なり、受験生や保護者が

宿探しに喘いでいるという話を聞いて地方試験のない大学の受験のために

遠出を強いられて宿探しの手間も負わされる受験生の苦労を思い計ったり

自分の受験生時代を思い起こした方もいると思います。

筆者も受験生時代に遠方に本学のある大学の名古屋市や近隣での地方試験と

大学の本部まで出向いた受験旅行と両方経験しているけれど、

確かに受験旅行は受験生に金銭的身体的負担を強いるものだけれど

それならば地方試験や大学入試センター試験のみで完結する試験を増やして

受験生の負担の軽減を図ってはどうかというのもいささか引っかかる

ところがあるのです。

筆者の受験生時代にも大阪府で地方試験を実施していた山口県のある

公立大学が新たに名古屋市での地方試験を始めて、交通広告でアピールしていた

のも少子化による大学の過当競争の影響だろうけれど、山陽新幹線

飛行機を使っても遠いなあと思ってしまう山口県公立大学名古屋市

受験できるようになれば受験生は確かに楽になるけれど、

出願や手続きも郵送で済まして受験も地方試験となれば、4年間を過ごすことに

なるキャンパスを一度も見ないまま入学へのカウントダウンを迎えることに

なりやしないかと思うのです。

不動産や自家用車、家電など安くはない買い物もネットショッピングで

完結させたり、GoogleストリートビューYouTubeなどの動画サイトで

旅行気分を味わう人が珍しくなくなったとはいえ、仮想現実は

所詮仮想現実であって、本気でその大学に入りたいと思うならば

オープンキャンパスなり受験なりキャンパスを自分自身の目で見て、

志望校に晴れて合格を果たした後の自分をイメージすべきと思うのです。

それに、地方試験や大学入試センター試験だけで完結する大学入試が

今以上に普及すると、手間なく受験できるのをいいことに記念受験と称して

行く気もない大学をいくつも受験する輩が出やしないかと思うのです。

受験料や受験する負担を抱えるのは本人だからいいじゃないという声も

ありそうだけれど、こうした記念受験の輩が受験の結果を左右してしまっては

ほんとうにその大学に入りたい受験生が受験に落第してしまうことに

なりやしないかと思うのです。

最後に筆者の経験から言うと、筆者も大学選びでも会社選びでも入った後の

ことを熟考しないまま安易な選択をして後悔する結果になってしまったと

思っているし、ルーティーンのように次々名古屋市で受験した入試よりも

東海道新幹線近鉄名古屋線に揺られて出向いた本学試験のほうが

今も印象に残っているし、静岡県のある大学の面接試験で、アンチ巨人なのに

尊敬する人は松井秀喜と答えたのはなぜだろうと未だに苦笑しながら

考えてしまうのです。