読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

乗り換え駅

汽車旅の途中で、JR線や私鉄線同士、あるいは新幹線と在来線や私鉄線の

乗り継ぎのために乗り換え駅に降り立つ機会も珍しくないと思います。

大阪府新大阪駅阪急電鉄の十三駅のような街の乗り換え駅ならともかく、

三重県松阪市近鉄伊勢中川駅や交通の要衝だけれど駅の近くに

有名な見どころのない東海道新幹線米原駅などは乗り鉄であっても

乗り換えの時間に追われてこうした地方の乗り換え駅をスルーして

しまうように思うし、何もない無人駅に突如新幹線の巨大な駅舎の

現れた北海道新幹線新青森駅新函館北斗駅のように今後こうした

整備新幹線の開業が相次ぐと、原風景の中にぽつんと存在する乗り換え駅に

降り立つ機会も増えるように思うのです。

こうした地方の乗り換え駅で筆者が気になっているのが、JR東海名鉄

連絡する高山本線鵜沼駅関西本線弥富駅です。

JR東海の在来線と名鉄線というと、東海道新幹線の止まる名古屋駅

豊橋駅名古屋駅に次ぐ名古屋市のターミナル駅に成長した金山駅などで

乗り換えるのが一般的で、こうした名古屋市から離れた乗り換え駅は

スルーされがちですが、鵜沼駅弥富駅もそれぞれ捨てがたい魅力が

あるのです。

まずは名鉄各務原線新鵜沼駅と連絡する鵜沼駅ですが、北アルプス号の

廃止で名鉄高山本線の直通が廃止されても空中歩道という珍しい名前の

近代的な跨線橋各務原線高山本線を容易に乗り継げるのは

嬉しいことだし、乗り継ぎ客を考慮してか、高山本線の特急ワイドビューひだが

一部この鵜沼駅に止まったり、名鉄の最終列車と高山本線の普通列車の

連絡が考慮されていたりとダイヤの面でも興味のある駅と言えます。

この跨線橋名鉄新鵜沼駅に行ってみればホームから日本モンキーパーク

観覧車が目に入るし、鉄道ファンにとっては先の北アルプス号が走っていた

各務原線高山本線の連絡線の痕跡を探す楽しみもあります。

一方の弥富駅ですが、こちらはJR東海関西本線の駅に名鉄尾西線

乗り入れるような形であって、長い跨線橋を渡らずともJR東海名鉄

乗り換えができるのは有り難いことですが、あくまでJR東海の駅であるために

名鉄の定期券や企画乗車券を所望する乗客には不便であるし、

尾西線TOICA名鉄manacaで乗ろうとするお客はICカード

二度タッチする手間が必要になるのも気掛かりなところです。

でも尾西線津島駅、森上駅方面から桑名駅方面に向かうには

関西本線の駅と直結していない近鉄名古屋線近鉄弥富駅を使うよりも

乗り換えが楽なのも事実であるし、この弥富駅自体も、小ぶりだけれど

味のある駅舎やたびたび水害に悩まされる海抜0メートル地帯を

売り物にしたような地上で日本一低い駅という掲示や、かつて地元の

名産できるある金魚がアメリカのスペースシャトル毛利衛さんと

宇宙に旅立ったことを記念したきっぷが発売されたりと名古屋市から近いのに

なかなか捨てがたい魅力があるのです。

首都圏や関西圏でもJRや私鉄の新線や新駅の計画が進んでいるし、

目立ちはしなくても味のある乗り換え駅に出会う楽しみが

在来線でも新幹線でも増えたらと思うのですがいかがでしょうね。