読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

快速、急行、普通、、、

四国新幹線山陽新幹線と直通するフリーゲージトレインの実用化の

めどが立たない中、北海道新幹線の開業に沸いたJR北海道や、九州新幹線

全線開業に続き本州以外を営業基盤をする三島三社と言われるJR北海道

JR四国JR九州の三社の中でいち早く株式上場を果たしたJR九州に比べ、

地味な存在に甘んじてしまっている感のあるJR四国

でも四国の鉄道需要がないわけでなく、先に触れたように優等列車

新幹線への移行の目処が立たない中で、四国の中心地の高松市周辺では

予讃線愛媛県方面に向かう特急列車や、予讃線から土讃線に乗り入れて

高知県方面に向かう気動車特急、四国の玄関口のJR西日本岡山駅から

坂出駅を経由して高松駅に向かう快速マリンライナー、そして高松市近郊の

ローカル列車と多種多用な列車を予讃線の限られた線路容量でさばく必要があり、

JR四国のダイヤの編成担当者の苦労がしのばれるところです。

あるテレビ番組で鉄道ライターが指摘していた、この予讃線高松駅から

金刀比羅宮で有名な土讃線琴平駅に向かう快速サンポート高松駅

後に出た鈍行列車に途中で追いつかれてしまうというダイヤの妙味も、

先に触れたような予讃線のダイヤの制約が原因と思われるし、時刻表に

現れない回送列車や貨物列車も定期列車の合間を縫ってこの予讃線

走っていることも考え合わせれば何故快速なのに普通列車に追いつかれて

しまうのと目くじらを立てる訳にもいかないし、乗れないように見える

先行の快速列車に各駅停車で追いつけるのはお得という考え方も

できると思うのです。

この四国の事例は普通列車が快速列車に追いつくというものだったけれど、

快速は快速でも定期列車のダイヤを邪魔しないように走る臨時快速列車や

優等列車はおろか電車や気動車の各駅停車にもスピードで敵わない

蒸気機関車牽引の快速列車が普通列車に追いつかれてしまうケースは

JR四国以外にも見られそうで、趣味人以外にはどうでもいいことかも

しれないけれど、ダイヤの妙味を探して時刻表のページをめくってみるのも

面白いように思います。

ダイヤの妙味で思い出すのが、筆者の地元の名鉄の急行列車で聞かれる

この急行列車は神宮前駅から準急に変わりますとか、どこどこ駅から

普通列車に変わりますという車内放送です。

名鉄の場合は急行列車の停車駅が列車や時間帯によって変わるケースも

あるし、駅貼りの時刻表にも暗号のような記号でどこから種別が

変わるとかどこの駅に特別に止まるとか提示してあるけれど、

この名鉄名古屋本線もまた、ターミナル駅なのに線路が二本しかない

名鉄名古屋駅の制約から先のJR四国の事例と同様にダイヤ編成に

苦労するところだし、急行なのになんでちまちま止まるのと目くじらを

立てずに、乗客の目には直接見えないダイヤ編成の苦労に思いを馳せて

みてはいかがでしょうね。