mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

118と99

海難事故の緊急通報番号である118番。

この緊急通報ダイヤルに掛かってくる電話のほとんどが、番号のよく似た

警察の110や消防の119との誤認や無言電話のようなイタズラ電話など

緊急性のないものであるという事実には正直考えされられるものがあります。

警察や消防に面白半分で虚偽通報やおまわりさんに留守の見張りをしろとか

通院の為に救急車をお願いと言った独り善がりな緊急性のない電話をしては

怒られて当然だし、コールセンターの女性の声が聞きたいと用もないのに

企業のコールセンターに無言電話をしつこく掛けたりしたら事件化されても

やむを得ないけれど、国民に認知度の低い海難通報の118番のこと、

番号の誤認による間違い電話は掛けた側を責められないと思うし、

先の警察や消防の他に時報や車の緊急時のJAFや高速道路会社への

通報ダイヤルと誤認して118をダイヤルした人もいるように思うのです。

無言電話にしても先のコールセンターの事例のように悪意を持って掛けたの

ならば掛けた側が責められて然るべきだけれど、番号の誤認に気づいて

慌てて電話を切ったとしたらこれも勘違いだから仕方ないねと言って

水に流せる性質のものだと思うのです。

もっと言うならば幼い子どもがイタズラ心で固定電話や携帯電話を弄っていたら

118番につながってしまったというケースも十分考えられるし、

118番のほとんどが緊急性のない電話であることに苛立つよりも

118番の周知不足の解消のためのアイドルやゆるキャラを使った大々的な

広報イベントをほとんど行っていないことや、県内に海のない岐阜県

奈良県からでも用のないはずの海難通報ダイヤルの118番に電話が

つながってしまうこと、ほとんど緊急性のない通報が掛かってくる

海難通報ダイヤルに血税を投入して運営するのが果たして適切なのか

有識者を交えて検証したほうが有益なように思うのです。

理由はどうあれほとんどイタズラ電話や間違い電話ばかりの緊急通報に

スマホ全盛の時代に何故税金を拠出するのかと会計検査院に指摘される前に

周知不足を解消する広報活動の強化や、代替手段を講じた上で

この118番を廃止することも検討すべきと思うのですがいかがでしょうね。