mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

近くて遠い二都市

昨年、念願の株式上場を果たしたJR九州

水戸岡鋭治という名前と豪華絢爛なななつ星ばかりが強調されているけれど、

首都圏で好評のホームライナーにヒントを得た近距離の特急料金の値下げも

競争相手のマイカーや路線バスから鉄道に乗客を奪い返し、

上場の一助になったように思うのです。

このJR九州の路線でも日豊本線別府駅大分駅の間などは

普通列車のダイヤの薄い時間帯や急いで別府市大分市に向かいたいときは

料金を支払っても特急に乗りたいというニーズが少なからずあったことに

分割民営化以前の旧国鉄も気づいており、普通乗車券の値段に

少しだけプラスして特急列車の自由席を利用できる別府駅大分駅間の

企画乗車券を発売して地元民や別府温泉を訪れてたまたま企画乗車券の

存在に気づいた観光客などに好評を得ていたようですが、

こうした短距離の区間で普通列車代わりに特急列車を利用できるように

する取り組みは先の別府市大分市や、JR東海によるワイドビュー南紀

自由席特急料金の値下げで関西本線の桑名駅名古屋駅に向かう

ワイドビュー南紀の自由席に乗客が列を成すようになった

名古屋市三重県桑名市など近くて遠い二都市の距離を縮める効果が

あるように思うのです。

でも、こうした短距離の自由席特急料金の割引や企画乗車券のない

区間や、鈍行列車しか走っていない区間では先のJR東海JR九州の事例の

ように安くて快適だから特急に乗ろうかという選択肢が取れないのが

残念なところです。

こうしたケースで筆者が気になるのがあいの風とやま鉄道線に転換されて

定期の優等列車がなくなった富山駅高岡駅の間です。

この区間JR西日本時代から自由席特急料金の値下げ策は打たれず、

普通列車を利用していた人が多かったと思いますが、

第三セクター鉄道に衣替えしてからは優等列車のなくなった分運行本数も

実質目減りしてしまったし、あいの風とやま鉄道線の普通列車の編成が短く、

時間帯によっては目と鼻の先のような富山市高岡市に向かうのに

延々と普通列車を待たねばならないのが何とも気掛かりです。

このあいの風とやま鉄道線富山市高岡市の間に駅を新設する構想を

評価して鉄道ライターの声には賛同できるけれど、JR西日本のまま

残っている城端線氷見線に乗り継ぐために特例で青春18きっぷ

あいの風とやま鉄道線の鈍行に揺られるお客もいるのだし、

あいの風とやま鉄道線には駅の新設もいいけれど、近くて遠い

富山市高岡市の距離を縮める方策も期待したいと思うのですが

いかがでしょうね。