読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

番宣は録画でよし

テレビの番組改編の時期、新しいドラマの出演俳優が同じ局の

ワイドショーやバラエティー番組に出演して番組の宣伝することは珍しくない

けれど、朝から晩まで同じタレントが同じ局に出ずっぱりではかえって

鬱陶しいと思っている視聴者は筆者だけではないようで、

番宣と称して大物俳優がワイドショーに出演しても瞬間視聴率が上がるのは

ほんの一握りの大物が出演したときに限られるようです。

採算度外視で新しいドラマを売り込みたいテレビ局の思惑も理解できるけれど、

最近はバラエティー番組などに番宣のためにゲストで訪れた俳優を番宣のために

来たのだろうとからかうお笑い芸人も出てきたし、高い出演料を支払っても

視聴率が稼げなければ費用対効果の面でも問題と言えるし、何よりも

いくら自分の出演したドラマや劇場映画の宣伝のためとはいえど

同じような質問を繰り返し聞かれるタレントはいい気分ではないと思うし、

塩対応の極みのように言われて謝罪や休養に追い込まれたばかりか、

芸能人としての株も下げる形となった沢尻エリカの別に、、、騒動も

レポーターの質問攻勢にうんざりしていたとすればどこか理解できるような

気がするのです。

それに、ドラマにしろ劇場映画にしろわざわざ生放送のワイドショー番組や

情報バラエティー番組に忙しいタレントを呼んで宣伝せずとも、

タレントの空いている時間にドラマや映画に関連したインタビューを

事前に収録しておいて、必要に応じて放送直前の情報番組で流せばいいと

筆者は思うのです。

今は老若男女もドラマや映画の最新情報はネットニュースやSNSで得ているので

慌てて速報する必要はないのだし、今は名古屋市大阪市などの系列地方局制作の

全国ネットのワイドショー番組もあるので、系列局からの中継や

タレントの移動などの手間も考えねばならないようになったし、

番宣丸わかりの収録映像を流すと視聴率が下がるという思いもあるだろうけど、

先に触れたように無理矢理生放送にタレントを出演させても必ずしも

視聴率に結びつかないのだし、それならば収録済みのインタビューを

放送局の都合に応じて流したほうがタレントにとっても放送局に

とっても現実的で負担にならない方法だと思うし、

テレビ局にとってはタレントの生出演が難しい深夜や早朝の番組でも

収録映像を使って番宣ができたり、突発的な事件や災害による

生放送番組のタイムテーブルの変更にも対応しやすいという長所も

あると思うのです。

生放送の少ないバラエティー番組にしてもせっかく忙しい時間を割いて出演

しても、冗談半分とはいえ番宣で来たんでしょうとかこの番組普段見てない

でしょうとレギュラー出演者に言われたらタレントもいい気分ではないと

思うし、それならば先の収録インタビューをバラエティー番組に挿入する

形で流したほうが丸く収まって番組の雰囲気も壊さずに済むと

思うのですがいかがでしょうね。