読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

伝染病

我々の従業員は食品を扱うに当たって爪の隙間まで洗っていますという

かつて放送されていた大手外食チェーンのCMや、食品工場の取材に

入ったカメラマンが白い服に着替えて何重もの消毒シャワーを通る様子に

石橋を叩いて渡るということばはあるもののそんなに厳密にやらなくてもと

思った方もいると思います。

でも、この冬もあちこちでノロウィルスやインフルエンザの便りが聞こえるし、

入院中に院内感染騒ぎに遭遇して、医師や看護師がてんてこ舞いしている様子を

目の当たりにした経験のある筆者からすると、衛生に関しては用心に用心を

重ねることもあっていいと思うし、とりわけ食品を扱う仕事や子どもや高齢者の

ように免疫力の弱い方々とかかわるときは冒頭のCMのように潔癖症

笑われるぐらいに殺菌に気を遣って然るべきと思うのです。

筆者の地元でも鳥インフルエンザで子どもたちの人気を集めていた

東山動植物園の動物園エリアが掻き入れ時の年末年始に長期休園を

余儀なくされて、感染した鳥の殺処分という悲しい決断を経て

やっと再開しても防疫のために池の水が抜かれ酉年なのに

鳥の姿が寂しいという異様な姿でオープンという形になりましたが、

来園者の不安を払拭してこれ以上感染を広げないためにはやむを得ない

決断だったと思うのです。

この鳥インフルエンザ東山動植物園と同じ愛知県の三河地方の養鶏場で

かつて感染が拡がり多くの鳥が殺処分された末に養鶏関係者も

後遺症のような風評被害に苦しむこととなった苦い経験がありますが、

愛知県の隣の岐阜県内の養鶏場で鳥インフルエンザと確定診断された

ニワトリが出て、殺処分や出荷停止で近隣の養鶏場の関係者が心労を抱える

事態になってしまったのは何とも言えない思いだし、早く沈静化して

風評被害も最小限に食い止められればと願うばかりです。

こうしたタイミングで放送されたNHK総合テレビの教養番組にはいささか

疑問を覚えました。

伝染病を扱った番組には興味深い部分もあったけれど、同局のOBの

池上彰の民放の番組での解説に比べると難解な内容であって、

専門知識のない人間が視聴すると鳥インフルエンザが容易く我々人間に

感染するとか鳥類だけでなく豚も危ないのではないかと誤認するのではと

言いたくなるような内容が引っかかりました。

NHKもOBの池上彰をキャスターに起用するのは抵抗があるだろうし、

格調高い番組作りで民放と差別化したいという思いも理解できるだろうけれど、

そういう番組はNHK教育テレビや衛星放送で放映すればよく、

一番視聴者に身近で信頼もあるNHK総合テレビではかつて虚偽報道で

打ち切りに追い込まれた関西テレビ放送の健康番組を反面教師に

格調高い番組作りよりも視聴者の誤解を防ぐような明快でわかりやすい

番組作りに取り組んで欲しいと思うのです。

さて、今日も太平洋側でさえ寒さに凍えるような状況の中

大学入試センター試験の2日目を迎えます。

受験生や家族は、せっかくの努力が無駄にならないように、くれぐれも

風邪やインフルエンザの感染に留意して志望校に合格できるように

して欲しいと思うし、彼らの夢をアシストするためにもマスコミには

正確な交通情報や伝染病の知識の提供が求められると思うし、

格調高い番組作りよりも基本と言える正確な報道に力点を置いていくように

すれば我が国のまとめサイト騒動や欧米のフェイクニュース騒ぎのように

まだまだ未成熟といえる部分のあるネットニュースといい意味で差別化できると

思うのですがいかがでしょうね。