読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

荒れないヒント

毎年のように報道される荒れた成人式。

筆者の成人式のときはせいぜいヤジを飛ばす奴がいたぐらいだけれど、

毎年のように逮捕者が出たり警察が毎度毎度警戒に駆り出されるようでは

大人への通過儀礼の儀式として正直情け無いし、こんな体たらくならば

成人式自体を取りやめてしまえという指摘も理解できるような気がします。

でも、警察沙汰の騒ぎを起こすのはいけないけれど、学校の卒業式や

会社の朝礼などで偉い人の話を聞くと欠伸が出るという人は少ないないはずで、

少しでも成人式を荒れないようにして気持ちのいい終わり方になるように

若者を惹きつけて彼らを飽きさせない成人式作りを考えるべきと思うのです。

そこでヒントになりそうなのが、交通事故や特殊詐欺の防止のために

各地の警察が知恵を絞って行っている啓発活動です。

若者だけでなく中高年でも堅苦しい話を好まない人間は少なくないという

事実を各地の警察関係者も熟知しているのか、みのもんた

SKE48のような有名人を起用したり、共通語でなくワザと大阪弁のような

方言で交通事故や交通違反の防止を呼びかけてみたり、くまモン

ひこにゃんのような既存のゆるキャラを警察のキャンペーンに呼ぶだけに

留まらず警察自らが啓発活動用のゆるキャラを作ったり、幼い子ども向けに

警察官が小学校や保育園に出向いて交通事故防止の人形劇を披露するなど、

市民の安全のために寸暇を惜しんで働く警察官が事件事故の予防も

仕事のうちと言って啓発活動にここまで力点を置いていることは頭が下がる

思いだし、外へのアピールが下手と言われる民間企業や自治体も

見習ったらどうだと言いたくなるほどです。

大人の出席者が殆どの成人式で人形劇を披露しても仕方がないけれど、

成人式を飽きさせない、思い出に残るものにするために、

自治体の予算に応じて先のSKE48のような人気アイドルを呼ぶとか、

ゆるキャラがコントのような寸劇を披露するとか、

自治体の首長の講話も少々茶化したようなフランクなものにするなど、

荒れない成人式を作っていく方策は幾らでもあると思うのです。

なかでも新成人が主体の実行委員会の主催で行われた愛知県岩倉市

成人式など秀逸で、さすがにSKE48はこなかったけれど、

代わりに新成人の小学校や中学校時代の恩師を呼んで、

この先生の名前は誰でしょう、、、

一番、前田敦子先生、二番、平野ノラ先生、三番、、、などと

名前の当てっこクイズを行ったのは微笑ましく、荒れない成人式の

ひとつのあり方ではないかと思ったのですがいかがでしょうね。