読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

カジノよりも、、、

ニュース番組で見た違法な海賊版のアダルトビデオを売る大阪府の店に

目を疑いました。

海賊版という時点ですでにアウトだけれど、この光景には他にも

今の日本が向き合うべき問題が潜んでいるように思うのです。

まずは子どもが見るべきでない成人向けのビデオが海賊版であろうが

正規品であろうが白昼堂々と繁華街の店でしかもおびただしい数売られている

ことです。

インターネットの世界でも日本語のサイトでこうしたアダルトビデオが

山のように売られていて、成人認証や本人確認が不十分なまま取引が

成立してしまったり、成人向けの動画も児童ポルノや盗撮されたものなど

違法なものを含め氾濫していることを考えると、先のアダルトビデオ販売店の

事案も合わせ、我が国が諸外国から乱れた性風俗児童ポルノの問題で

批判を浴びるのもやむを得ないと思うし、そうした批判に反論できる状況に

ない以上は諸外国の人権問題や女性問題を批判できないと思うのです。

次に問題と言えるのがこうしたアダルトビデオや劇場映画、テレビドラマの

DVDを容易にダビングできてネット上にアップしたり海賊版を大量に作って

売りさばくことができてしまう状況です。

警察や業界団体は先のビデオ販売店のように販売の現場を押さえたり、

海賊版を販売するサイトや掲示板のサイバーパトロールを行うのも

大事だけれど、青少年もこうしたダビング装置をネット上や

東京都の秋葉原名古屋市大須大阪市日本橋などの電気街で

入手して小遣い稼ぎに違法コピーを行ったり、軽い気持ちで

本来は有償のセルDVDや劇場映画の画像を動画サイトにアップしていることを

鑑みて、海賊版作りに利用できるようなダビング装置の法規制も

検討すべきと思うのです。

もっと問題でかつ根深いと言えるのがこうした海賊版の売り上げが暴力団

資金源になっていることです。

国会で政争の材料となったカジノの合法化に賛否両論あるのも

理解できるけれど、それよりも違法コピーや暴力団を野放しにしているような

海賊版のほうが問題であって、早く手を打たないと著作権児童ポルノ

問題で我が国が信頼を失ったり資金源を得て体力を付けた暴力団

抗争事件などで市民を不安に陥れることが懸念されると思うのです。

民進党をはじめとする野党はカジノで政権与党を追及するのもいいけれど、

暴力団著作権の侵害を野放しにするのは立法府の怠慢と

言われても仕方がないし、民進党蓮舫代表には女性として

児童ポルノの問題に責任を持って正面から向き合って欲しいと思うのですが

いかがでしょうね。