mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

養老鉄道

岐阜県揖斐川町から交通の要衝の大垣市を経由し、三重県桑名市までを

結ぶ養老鉄道線。

揖斐川町を通っていた名鉄揖斐線もとっくに廃止になってしまったし、

樽見鉄道線、JR東海の在来線、近鉄名鉄などの他の鉄道路線

離れた地域を結ぶ地元にとっては貴重な足なのですが、

過疎化や自動車の普及、瓢箪と養老の滝で名高い養老町以外に有名な

見どころがないなど様々な要因が重なってせっかく近鉄から分離されて

再出発を図ったというのに存廃が危ぶまれていました。

でも、こうした養老鉄道線の状況に危機感を持った沿線の鉄道好きの少年が

鉄路を残すために独学で知識を吸収して、同じように大手私鉄から分離された

のちに再起を果たした和歌山電鐵などの事例も参考に養老鉄道線の

ガイド役を買って出たという話題に近県住まいの筆者は嬉しくそして

微笑ましく思えました。

複数の事業者が継承に手を上げながら自動車の邪魔であるとして名鉄

軌道線が地元の支援を得られず全廃されたり、同じ名鉄広見線

末端区間の存廃が危ぶまれているなど、岐阜県はローカル線の存廃問題に

対して冷たく塩対応であると思ってしまうけれど、この少年の活動を

きっかけに自治体も住民も乗って残そうという思いで養老鉄道線を

はじめとするローカル線の存廃問題や沿線の将来像に目を向けてくれたらと

思うのです。

先の名鉄広見線では鉄橋の下から走行する名鉄電車を見上げるなど

鉄道自体を売り物にしたイベントが話題を呼んでNHKが取材に来たほどだったし、

和歌山電鐵の救世主と言われた猫駅長と先の少年を同列に扱うことは

無理があるかもしれないけれど、養老鉄道線にも何もないならないなりに

旅行者の琴線に触れる見どころがあると思うし、路線の存続を願う

少年のガイドを参考にして、沿線以外からの旅行者が養老鉄道線に乗って

せかせかした都会とは対極のスローな日本の原風景を探して貰えればと

思うし、関西住まいの方々には近鉄南大阪線時代に超満員の通勤客を

乗せていた車両が今は養老鉄道線でゆっくりした時間を運んでいることに

思いを馳せて貰えればなおいいと思うのです。