mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

お茶の間で初詣?

初詣の時季に雑踏でのスリや迷子と並んで懸念されるのが賽銭泥棒です。

バチあたりと一喝したいところだけれど、最近は外国人や高齢者、

若者など半分愉快犯のような輩から生活に困って、あるいは借金に

追い詰められてと行為に及ぶ側の事情も様々で、警備関係者や

神社仏閣がいたちごっこのように対策に追われているのも理解できます。

でも、いくら賽銭泥棒に頭を抱えているからと言っても賽銭箱から

抜き取りようのない電子マネーで賽銭を支払う形態に変えてしまうというのも

正直どうかと思うのです。

古くからの賽銭箱に硬貨を投げ入れる音に慣れた方々には神社仏閣で

シャリーンという電子マネーの決済音が響いていては抵抗を

感じるでしょうし、事情を知らない外国人観光客にとっても奇特に映ると

思うのです。

それに、お年寄りやアナログを好む層からは自分は電子マネーなど

持っていない、あるいは使い方がわからないとか、古刹で

シャリーンの音が響いていては風情が帳消しでご利益も減ると批判的な

意見も上がるのではないでしょうか。

もっと言うなら電子マネーで賽銭を支払っていいならば、こうした

電子マネーやクレジットカードを使った電子決済の方法で

楽天市場Amazonで買い物をする感覚でお茶の間でスマホ

パソコンの画面を見ながら電子決済で賽銭を支払って、

クラウド上で寺社への参詣を済ませて良いと言われてしまわないかと

思うのです。

賽銭泥棒は本屋の万引きと同じく死活問題という寺社側の言い分も

分かるけれど、スマホ世代の筆者もさすがにお茶の間で参詣を済ませる

ことには抵抗を感じるし、同じ賽銭泥棒対策でも電子マネーの導入に

投資する代わりに防犯カメラや警備会社への通報装置など

防犯に財を投じてはと思うのですがいかがでしょうね。