読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

タイガーマスクの暖かさ

様々な事情で親元を離れて施設で暮らす子どもを思い計って、

タイガーマスクのごとくプレゼントを寄贈した方がいると聞いて、

新年早々暖かい気持ちになりました。

年末年始の浮き足だったムードの中で自分自身も浮かれていると、こうした

福祉施設で暮らす子どもたちや難病や社会的入院でもう何年も自分の家で

正月を過ごしていないという病者の方、正月は仕事にありつけず

簡易宿泊所に転がり込むしかないホームレスの方、

そして一時メディアで騒がれた年越し派遣村など色々な事情を抱えて

自分の家でささやかでも楽しい正月をという当たり前のことが叶わない

社会的弱者の方の存在を忘れてしまいそうですが、

筆者自身も病院で何度も寂しい年越しを経験しているし、

正月でもクリスマスでも誕生日でも食べたいのに食べられないという

無念の思いを経験しているので、タイガーマスクのような寄付行為を

する勇気はなくても、せめてこうした恵まれない方々の存在を

頭の一隅において、平穏無事に新年を迎えられた幸せに感謝するとともに、

コンビニの買い物でお釣りが出たら、助けを必要としている国内外の

人々のことを思いやってさりげなく小銭をレジの前の募金箱に入れて貰えたらと

思うのです。

東京都内でも年越しを馬鹿騒ぎしながら夜明かしして迎えた若者も少なからず

いたようだけれど、彼らと変わらない年代なのに病院の消灯時間が

変わらないために紅白歌合戦を最後まで見られなかった若い病者や

そうした若者に近い年恰好の遊びたい盛りなのに入院患者のために

年末年始を寝ずの番で頑張った病棟勤務の看護師もいるのです。

タイガーマスク運動が再燃の兆しを見せているのは裏を返せば我が国の経済が

それだけ苦しく、歴然として格差社会が存在することの証明であって、

素直に喜ぶ訳にもいかないけれど、働き方改革と合わせて

みんながみんなが英雄、ヒーローと歌にあったように国民一人一人が

それぞれの置かれた場所で力を発揮してそれぞれの輝きを放てる

時代になればと思うのですがいかがでしょうね。