mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ふたつのライラック

今はJR北海道789系電車のスーパーカムイが疾走する函館本線

札幌駅、旭川駅間にかつてライラックという特急列車が走っていました。

首都圏や関西圏の近郊電車に引けを取らないぐらい需要のある

この区間北海道中央バスの高速バスとの競争にさらされながらも

赤字ローカル線に大ナタを振るうと通告したJR北海道のリリースとは

無縁のように国鉄時代から活況を呈していました。

この函館本線を走っていたライラックは、リラの花とも言われる

ライラックの姿が描かれたヘッドマークも眩しいJR北海道781系電車の

イメージが強いのですが、同じ区間を走る特急スーパーホワイトアロー

間合いでライラックにもこのスーパーホワイトアローと同じ

JR北海道785系電車が運用されていたのです。

ライラックスーパーホワイトアローは停車駅も特急料金も同じだけれど、

民営化以降に落成したJR北海道785系電車の俊足を生かして

JR北海道781系電車のライラックよりも早いダイヤが組まれていたので

うまくこのJR北海道785系電車のライラックに乗ることができれば

幸運と言えたけれど、このJR北海道785系電車は速いだけでなく

JR北海道785系電車に比べれば居住性も快適なので鉄道ファン以外にも

スーパーホワイトアローが止まらない駅の利用客など速くて

快適なライラックを楽しみにしていた乗客がいたのではと思うのです。

さて、今年の春のダイヤ改正石北本線から宗谷本線に乗り入れている

特急列車が旭川駅で分断されたり削減されたりするため、

この札幌駅、旭川駅の間の函館本線の特急列車はほとんど

快適なJR北海道789系電車で統一されるけれど、函館本線区間

あえて石北本線に向かうJR北海道キハ183系気動車

特急オホーツクに乗るのも一興だし、電車にとっては致命傷といえる

クレーン車による架線の切断を物ともせず気動車のオホーツクが

電車特急のスーパーホワイトアローの代替を兼ねて旭川駅

向かったことも忘れてならないと思います。

この札幌駅と旭川駅の間には旭山動物園号という動物だらけの

楽しいジョイフルトレインも走っているし、国鉄型の特急も

なくなりイベント列車もなくなって機能的な特急列車と

無味乾燥の通勤電車だけ残ったということになっては

それはそれでJR北海道にとっても利用客にとっても損失と思うのですが

いかがでしょうね。