読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

JR東海の書式

名鉄名古屋本線の終点の豊橋駅

でもこの駅はいわばJR東海飯田線豊橋駅に間借りするような珍しい

形を取っていて、優等列車が発着するターミナル駅なのに

名鉄独自の改札が存在しないことは鉄道ファンには周知の事実です。

この名鉄豊橋駅駅名標は先に触れたような間借りの形態のため、

JR東海の書式で書いてあるし、実際にこの名鉄豊橋駅に行ってみると

駅名標はおろか名鉄の発車案内までJR東海の形式であって、

不案内な乗客が名鉄電車と飯田線の電車を誤乗するのではと

思ってしまいます。

JR東海飯田線の車内放送でこの列車はJR東海の列車であると

強調するぐらいならば駅名標や発車案内のフォーマットを

自社のもので統一せずに名鉄電車と飯田線を識別しやすいように

してはと思います。

JR東海の書式というテーマから脱線するけれど、この豊橋駅に隣接した

新豊橋駅に発着する名鉄の子会社の豊橋鉄道渥美線は独自の駅舎が

あって駅長もいるのに、親会社の名鉄が同じ豊橋駅に独自の改札を

持っていないというのもどこか不思議な感じです。

不思議といえば同じJR東海三重県伊勢市参宮線の隠れた秘境駅

池の浦シーサイド駅の時刻表もある意味興味深く、

ひっきりなしに列車が発着する名古屋市近郊の東海道本線

中央西線の駅と同じ書式の時刻表が掲示してあるのに

一本も列車の時刻が乗っておらず、数年前まで海水浴のシーズンに

列車が臨時停車していたときはダイヤを掲載した張り紙が

この時刻表の脇に掲示してありました。

JR東海は自社の管内の飯田線三重県名松線秘境駅にも

同様の書式の時刻表を掲示しているけれどこちらはそこそこ停車する

列車があるし、臨時駅とはいえ現役の駅なのに空欄の時刻表という点で

この池の浦シーサイド駅は異質なものでした。

この池の浦シーサイド駅も開設された頃はそこそこ海水浴客の

乗降がありましたが、肝心の海水浴場との距離が仇となって

今では幻の駅のようになってしまったのが何とも残念なところです。

今では地元の人でも池の浦駅というと近鉄鳥羽線の駅を連想するだろうけど、

かつて地元の自治体がこの駅の常設駅化を希望した経緯もあるし、

海水浴のために開設されたけれど秘境駅となってやがて廃駅となった

北海道のJR北海道函館本線張碓駅とこの池の浦シーサイド駅が

同じ道を辿ることなくまた奇妙な時刻表が日の目を見る日が

来ればと思うのですがいかがでしょうね。