mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

熱田駅

名古屋市の初詣スポットとして名高い熱田神宮

この由緒正しき古刹の最寄り駅はJR東海東海道本線の熱田駅と、

名鉄名古屋本線名鉄常滑線の神宮前駅なのですが、初詣や大祭で

熱田神宮が賑わう時季以外はひっそりとした佇まいを見せる

熱田駅と、熱田神宮が賑わう時季以外も次々と列車が発着して

活気のある神宮前駅の情景はほんとうに対照的なのです。

まず、熱田駅のほうですが、熱田区役所などの行政施設や先の熱田神宮

近いのに、閑散期はほんとうにひっそりとしていて、国家神道という

ことばのあった戦前の賑わいの名残りの広いホームを持て余しているのが

実情であって、過去には通勤ラッシュ以外は出番のない

JR東海117系電車の留置に使われていたし、現在でも

名古屋駅での折り返しの間に長時間留置できない特急しらさぎ

JR西日本683系電車がJR西日本485系電車で運行されていた時からの

名残りでこの熱田駅まで回送されて留置されています。

名古屋駅からたった3駅なのに寂しい佇まいと思われそうだけれど、

この熱田駅は隣の金山駅と近すぎて熱田区役所などに用務で訪れる市民は

金山駅名鉄の神宮前駅を利用してそこから徒歩や名古屋市営バス

使うのが実情なのです。

でも、この熱田駅には独特の味わいがあるし、ホームの名所案内に

この駅から徒歩で行くことは難しく、東海道本線ならば隣の金山駅から

名古屋市営地下鉄名港線を利用するのが便利な名古屋港が

名所として触れてあるのも興味深いところです。

さて、熱田神宮のもうひとつの最寄りの名鉄宮前駅です。

こちらは熱田神宮の繁忙期閑散期関係なく、名古屋本線

中部国際空港へのアクセスを担う常滑線の分岐駅ということもあって、

東京都の山手線の駅と見まごうばかりに次々に列車が発着していくし、

愛西市佐屋駅とか西尾線の終点の吉良吉田駅など見慣れない行き先の

列車に戸惑う不慣れな乗客もいるのではと思ってしまいます。

この駅は大型スーパーの入る駅ビルに直結しているし、駅前には

東海道本線名古屋臨海高速鉄道あおなみ線から離れた

名古屋市南区、港区、中川区方面への路線バスのターミナルも

あって、熱田駅の普段の静けさが気の毒になるほどいつも

活気に満ちています。

でも、初詣の時季は神宮前駅に一矢報いるように普段は止まらない

快速列車が東海道本線の熱田駅に臨時停車するし、熱田神宮に初詣がてら

二つの最寄り駅に乗り降りしてみるのも面白そうですね。

この熱田駅から東海道本線を東に向かうと大府市名古屋市の境近くに

平成生まれの南大高駅があって、こちらも正月は初売り客で賑わう

イオンモール大高が目の前で、鉄道ファンには疾走する東海道新幹線

眺める楽しみもあるので、余力があれば明治生まれの

熱田駅と平成生まれの南大高駅を降り比べしてみるのもいいと思います。

日にもよるだろうけど、南大高駅に向かう東海道本線の車中から

東海道新幹線を走るドクターイエローの姿を新年早々見られたら

熱田神宮のくれた幸運と思えるでしょうね。