mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ユニフォーム

佐川急便の制服を着て事もあろうに顧客から預かった荷物を乱雑に

扱った男の動画に怒りや不安を覚えた方も少なくないと思います。

でも、アルバイトなどの非正規社員も含めれば、ギガ牛丼と称して

ギャル曽根でも食べきれないぞという量の牛肉を勝手にどんぶりに

乗っけた大手牛丼チェーンの社員の男や、食品を洗うべきホテルの流し台で

自分の体を洗うという暴挙に出た北海道のアルバイトの少年など、

食べ物を粗末にしているとか衛生面をどう考えているのかと顧客や

マスコミから叩かれかねない動画をYouTubeにアップした輩は

今までにもいたのは事実であって、佐川急便の事例はもちろん由々しきこと

だけれど、佐川急便以外でも仕事をどう考えているのかと言いたくなる

事例がYouTubeにアップされた動画を通して発覚した事案がある以上、

路線バスや電車を運転しながらポケモンGOに興じているところを

動画サイトに投稿されたプロの運転手を含め、こうした職業意識、

言い換えるならば顧客から見られているという意識やプロ意識が

希薄な職業人が若者を中心に歴然と存在する以上、またこうした

制服を着た人間の非常識な所業が動画サイトにアップされて騒ぎになる

事案は起きるように思うのです。

佐川急便をはじめ運送業界はお歳暮やお中元の繁忙期などに短期の

応援のアルバイトを募ることも多いですが、雇用形態や賃金が

どうであれ、短期の仕事でも長期の仕事でも会社に雇用されれば

誰でも会社の代表として責任と自覚を持って仕事に取り組むことが

求められるわけで、アルバイトだから時給が安いから適当にやればいいという

ことは決してないし、コンビニや外食チェーンの

店員や運輸運送業のように制服を着る仕事の人間はプロ野球

サッカーのJリーグの選手と同じで会社のユニフォームを着て会社の

代表として世間に出て仕事をしている訳で、より社会人としての

自覚が求められると思うのです。

筆者の社会人時代は制服を着る仕事ではなかったけれど、顧客にとっては

新人も派遣もアルバイトも関係なくみんな会社組織の代表という点では

同じであると研修で叩き込まれたし、佐川急便の騒ぎをきっかけに

制服を着る仕事の人もそうでない人も今一度社会人とは何かという

根本的なことを見つめ直して欲しいと思います。