mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

計画停電

東日本大震災の当時に首都圏を中心に行われた計画停電

筆者が思うに、これを残業が並外れて多いいわゆるブラック企業

対象に行って、深夜に入る午後10時以降は事業者に電気を供給しないとか、

ノー残業デーはもっと早く通電を打ち切るといった対応をするのが、

地球温暖化の防止、節電と過重労働の防止を両立させられる有効な策だと

思うのです。

もっともブラック企業はいくらでも悪どいことを考えるので、

自宅から会社のネットワークに接続して持ち帰り残業ができぬように

深夜帯は電気とともにブラック企業にはインターネット回線も

都市ガスも会社で使う全てのライフラインを止めてしまって

いわば兵糧攻めのように深夜は嫌でも帰宅して家族との

時間やプライベートの時間を持ったり睡眠をきちんと取れるようにするのです。

ブラック企業大賞に名を連ねている企業を見ても、緊急時の対応や

終発が遅いなど公益性の観点から深夜も事業所を開けざるを得ない

放送局やライフライン事業者、交通事業者は皆無だったし、

ブラック企業そのものに変革しようとする姿勢が見られないならば、

今日は電通、明日はavex、明後日は日本IBM、、といったように

計画停電の形で強制的に深夜残業ができないようにしてしまうのです。

東日本大震災の当時は電気の浪費家のようにパチンコ業界が槍玉に

挙げられたけれど、本当に電気を無駄にして人権を軽視する

業務を行っていたのは他ならぬブラック企業であると思うし、

電通しかりavexしかり人権蹂躙を公然と肯定するような

最先端の仮面を被った前時代的な企業には計画停電という形の

社会的制裁を加えて自分たちが間違いであったと無理にでも認めさせる

べきと思うのですがいかがでしょうね。