mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

いつ飛ぶの、今でしょ

同じ高速大量輸送機関なのに、我が国の新幹線は半世紀以上国鉄

分割民営化を経ても諸外国が羨むような高速安定輸送を誇り、

我が国の新幹線技術が鉄道の母国のイギリスに輸出されるまでになったのに、

一方で国産旅客機は名機と言われたYS-11以降は後継機に

恵まれず、それだけに航空機産業や国内外の航空会社の

三菱リージョナルジエット、通称MRJへの期待は

大きかったと思います。

筆者も製造に携わっている三菱航空機が地元であって、試験運行の拠点も

名古屋市のお隣、愛知県豊山町ということで、このMRJには

関心と期待が大きかっただけに延び延びになっていた納期が

また延びそうだという三菱重工業の幹部のことばには正直がっかり

させられました。

実用化に向けたテスト飛行の拠点のアメリカは

おろか先の愛知県豊山町県営名古屋空港から北海道の

新千歳空港まで飛ぶのもおぼつかない状況ではそれは納期も

延びるよなと思ってしまうけれど、いつになったら納入されるんだと

納入先の航空会社の怒りを買うのもこういう状況では仕方がないし、

技術立国として諸外国から信頼を得てきた我が国のテクノロジー全体に

懐疑的な目が海外から向けられる事態は避けなければならないと思います。

三菱航空機三菱重工業もこれ以上失敗を重ねては自社や取引先はおろか

我が国全体の大きな損失になると考えて、安全第一で信頼される国産旅客機を

是非とも自分たちの手で作りたいという熱意や意気込みはわかるけれど、

もう納期の再延長が許される状況にはないので、コスト面や安全面で

MRJを納入するめどがいつまで経っても立たない状況が続くならば

カメラの前で国産旅客機を自分たちの手で作ることはやはり無理でしたと

潔く頭を下げて旅客機開発から撤退するのも勇気ある決断と

思うのですがいかがでしょうね。