mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

二つのこどもの国駅

今日はクリスマスイブ。

子どもたちの歓声が響いていそうなこどもの国駅と称する駅が、

愛知県と神奈川県にあるのですが、対照的なロケーションが印象的なので

少し触れてみたいと思います。

まずは愛知県の名鉄蒲郡線こどもの国駅です。

このこどもの国駅は名前の元になっている愛知こどもの国から

大人が歩くにも少し距離があって、路線バスもないため、クリスマスの喧騒や

園内を走る蒸気機関車の復活が話題を呼んだ愛知こどもの国とは無縁の

ごとく寂しい無人駅と化してしまっているのが残念なところです。

名鉄系列の南知多ビーチランドの最寄り駅だった名鉄知多新線の上野間駅も

南知多温泉郷野間大坊に近いのに同じようにオフシーズンは閑散とした

状態で、駅にほど近い日本福祉大学の学生の利用もある知多奥田駅に

最寄り駅の座を譲ってしまったし、レジャー輸送にやる気がないと

言われないように、廃線の噂もある蒲郡線の沿線の住民をヤキモキさせぬように

南知多ビーチランドのように同じ路線の別の駅に愛知こどもの国の

最寄り駅の座を譲るならともかく、蒲郡線自体が廃線になって

愛知こどもの国への鉄道でのアクセスが名鉄西尾線の吉良吉田駅や

JR東海東海道本線蒲郡駅からの路線バスのみといった事態になって、

蒲郡線を見て鉄道への憧れを抱くこどもの夢を壊すことにならぬように

この愛知こどもの国をはじめとする沿線のレジャー施設や温泉地を

売り物に、風光明媚な蒲郡線のテコ入れを図って欲しいところです。

さて、二つ目のこどもの国駅は神奈川県の横浜高速鉄道こどもの国線

終点のこどもの国駅です。

こちらのこどもの国駅はかつては東急電鉄の旧型車両が使われて

終電の恐ろしく早いことや運転間隔の空くことに首都圏とは思えないところが

あったけれど、今ではこどもの国線の沿線の宅地化の進展で車両も

新型車両に変わって終電や運転間隔の問題も改善されて、

かつての栄華を偲ばせるようにひっそり佇む愛知県のこどもの国駅とは

対照的なところがあります。

でも、こどもの国というどこか夢のある駅名が我が国の私鉄にふたつも

あることは特筆すべきことだし、愛知県のこどもの国駅

神奈川県のこどもの国駅に少しでも近づけるように名鉄や自治体の

努力でこどもたちの歓声が聞こえるその名に相応しく駅になればと

思うのですがいかがでしょうね。

JR東日本仙山線西仙台ハイランド駅のようにレジャー施設の

名前が付いているのに秘境駅の仲間入りをしてしまった事例も

あるけれど、こどもの国駅という素敵な名前の駅には秘境駅という

称号は相応しくないと思うのです。