mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

あおなみ線

再開発の進む名古屋駅から、こちらもレゴランドの開業で趣が変わりそうな

金城ふ頭駅を結ぶ名古屋臨海高速鉄道あおなみ線

沿線の見どころは、終点の金城ふ頭駅近くのリニア鉄道館や、

野鳥の舞う野跡駅近くの藤前干潟、もう直ぐ初詣客で賑わいそうな

荒子駅近くの荒子観音、レジャー客で休日は賑わう荒子川公園駅

名古屋競馬場前駅など意外に見つかるのだけれど、筆者を含めて

名古屋市の住民であっても機会がないとなかなか乗らないし、

名古屋市営地下鉄名港線東山線近鉄名古屋線などのあおなみ線

近いところを走る別の路線のほうが便利なケースもあってますます

足があおなみ線から遠のいてしまうのが残念なところです。

でも、地元のケーブルテレビ局で不定期に放送されているあおなみ線

運転席展望ビデオのような番組は鉄道ファンの心理をくすぐるものであって、

リニア鉄道館のような有名な見どころだけでないこのあおなみ線

魅力を再発見させられるし、邦楽や洋楽の鉄道にちなんだ筆者が

生まれる前の歌をBGMに画面に映るあおなみ線の展望を眺めていると

味気ない通勤電車に見えるあおなみ線にも旅情が感じられるような

気がするのです。

このあおなみ線には、名古屋市科学館に静態保存されていた蒸気機関車

動態保存できる状態に復元して走らせようという構想もあるのですが、

腕利きのボイラー技師も首を傾げるような蒸気機関車の劣化ぶりや、

沿線の住民が必ずしも蒸気機関車を歓迎していないことを考えると

蒸気機関車の復活構想は立ち止まって考えるべきではないかと思うのです。

それよりも古き良き時代を懐かしむ団塊の世代向けに、大阪環状線への

JR西日本323系電車の投入で余剰となるJR西日本201系電車や

JR西日本103系電車を名古屋臨海高速鉄道が譲り受け、国鉄色

復元した上であおなみ線を走行させて、先のテレビ番組のように

海援隊野口五郎、平尾昌晃などのいわゆる懐メロを車内に流す

イベント列車を走らせたほうが蒸気機関車の動態保存よりも

コストがかからずに評判を呼ぶと思うのですがいかがでしょうね。