mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

健全な音楽は健全な魂に宿る

毎年のように常連で出演し、大トリを務めたこともある紅白歌合戦

辞退を正式表明したSMAP

奇跡の出演を最後まで信じていたファンや、粘り強い出演交渉が

実ることがなかったNHKの関係者には申し訳ないけれど、

歌手を生業としながらメンバー同士のいがみ合いのために歌番組の出演を

拒み続けてきたSMAPがファンに推される形で紅白歌合戦に出場していても、

感動のラストステージどころか、木村拓哉と誰々がステージ上で

目を合わせなかったとか嵐やTOKIOなど後輩グループとことばを交わさなかった

などと週刊文春に面白おかしく書かれてかえってファンを失望させる

解散ステージになったと思うし、内輪揉めで歌うことも嫌になってしまった

SMAPにはファンの心を突き動かす歌を届けることは無理と思うので、

報道されているように、生放送でなく半ば再放送のような総集編に

なりそうなのが残念ではあるけれど、連休明けのフジテレビ系列の特番を

最後に男らしく身を引くのが筆者は良いと思うのです。

さて、このSMAPの場合は内輪揉めというメンタルの部分で、

魂のこもった音楽を届けることが出来なくなってしまいましたが、

新たな薬物疑惑が灰色で終わりそうなASKAのような薬物中毒や、

筆者のようにブラック企業に押し潰された人間もまた自分を見失ってしまうのは

同じであって、そういう人間にはやはり健全な魂のこもった音楽を聴衆に

届けることは難しいと思うのです。

そうした意味ではブラック企業労働基準監督署に指摘されたのに

ブラック企業を悪とする我が国の企業風土のほうが悪いとブログで悪態を

ついたavexの社長には本当に失望させられてしまって、所属アーティストの

楽曲を聴くのを止めようかと思ってしまいました。

言論の自由日本国憲法で保障された尊い権利ではあるけれど、

ブラック企業がのさばる温床となっている経済活動の自由もこの言論の自由

人間らしく生きられることを保障した生存権に優越することは

断じてないし、この傍若無人なavexの社長と彼の会社はASKASMAP

比でない汚れた魂の持ち主であって、過労死で奪われた尊い命を冒涜するような

人間が音楽活動に関わることは決して許されないと思うのです。

avexの所属アーティストの楽曲を聴いて育ったであろう電通の女性の死を無駄に

しないためにも社長やavexの企業風土への抗議を込めたavexの商品や

サービスの不買運動や所属アーティストの集団離脱が起きれば社会的影響の

大きい企業だけにブラック企業の問題が改善するきっかけになると思うし、

avexのアーティストたちも人間を人間と思わない若い渡辺恒雄のような

社長の支配下を離れたほうが聴衆の耳を打つ音楽をファンに届けられるように

なると思うのですがいかがでしょうね。