mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

中国という隣人

中国の上海市に誕生したという大江戸温泉物語を名乗る温浴施設。

なぜこのような書き方をせねばならないかというと、この施設は

地元民に好評を博しているものの、我が国の大江戸温泉物語から

許可を得ておらず、勝手に同じ名前を名乗っているからです。

我が国と中国を巡っては、松阪牛などの日本のブランド農産物が

現地で勝手に商標登録されたり、海賊版の横行で知的財産権をめぐる争いも

絶えないですが、今回の温浴施設も勝手に我が国の商標を名乗られては

たまったものではないし、商標権をめぐる問題の表面化が懸念されるところです。

この大江戸温泉物語の騒ぎで思い出したのが、ディズニーランドの

パロディーのような施設に、ディズニーの7人の小人や白雪姫などの

お姫様、そして我が国のハローキティドラえもんそっくりの着ぐるみが

練り歩き、我が国のみならずディズニーの本場であるアメリカからも

怒りや失笑を買った同じ中国の石景山遊園地です。

この中国を巡っては、知的財産権をめぐる問題も由々しきことであるけれども、

ガンダムそっくりと我が国のメディアに指摘されたロボットのモニュメントを

メディアが取材に来たらさっさと撤去してしまったように、

我が国の新幹線技術を導入した中国版の新幹線で人身事故が起きた際も、

こともあろうに原因究明が道半ばで事故車両を現場近くに埋めてしまい、

何事もなかったように新幹線の営業を再開してしまったのは

さすがにいかがなものかと思いました。

この中国版新幹線も、我が国やヨーロッパの高速鉄道の技術を導入しながら、

あたかも中国自前のシステムであるように中国共産党幹部が発展途上国

売り込みをかけているけれど、技術立国と言われる我が国の技術が

盗まれたり、中国に軍事技術が流出したり産業スパイに我が国の企業が

狙われることも懸念材料と言えましょう。

もっと言うならば、先の中国版新幹線と異なり我が国と直接

関係がない冒頭の温浴施設や中国が勝手に我が国のブランドの名前を

付けた食品で健康被害や事故が起きたときに、知的財産権の問題とは別に

直接関係がないのに我が国の企業や団体が悪いように中国に叩かれては

正直たまったものではないし、北京オリンピックを契機に

海賊版の撲滅に中国政府が重い腰を上げたり、政治的な問題や

中国共産党政府の意向もあり我が国の映画がなかなか上映されない

中国で、我が国でもヒットした君の名は。が上映されて若者に

人気を博しているなど中国の知的財産権をめぐる問題に

少しは改善の兆しが見られるものの、今回の大江戸温泉物語の騒ぎを

見る限り根本的な問題は解決していないように思うし、

隣人だから仲良くという建前はわかるけれど、我が国が中国の勝手な

振る舞いで不利益をこうむることがないように隣人である中国に対して

厳しい目を光らす必要があると思うし、安倍晋三首相にも、

弱腰外交と批判されぬように北方領土だけでなく中国との懸案である

尖閣諸島の領有権問題でも成果を見せて欲しいと注文を付けたいと思います。