mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

あこがれ

巨人、大鵬、卵焼きと言えば、高度成長期の子どもたちのあこがれの存在でした。

でも、昨年世間を騒がせた野球賭博問題、この野球賭博問題や元巨人の

清原和博氏の薬物問題を経ても我が国の拝金主義や格差社会の象徴のような

渡辺恒雄氏が球団に我が物顔でのさばっていること、そしてこのオフに

陽岱鋼選手らを拝金主義よろしく金に任せてフリーエージェント

次々獲得し、メジャーリーグ経験のある外国人選手にも札束をチラつかせて

読売ジャイアンツに入団させるという荒技に出たことに、

アンチ巨人だからではないけれど、もはや巨人軍は永久に不滅どころか

永久に不潔の金の亡者と化してしまって、渡辺恒雄氏が一線を退かない限りは

王貞治長嶋茂雄川上哲治ら生え抜き選手が築いた黄金期のように

子どもたちのあこがれの存在とはなりえないと思うのです。

読売ジャイアンツが自分の球団の金を使うのは勝手だろうという意見も

ありそうですが、坂口智隆大引啓次ら生え抜きの有望選手がいながら

今年の巨人軍のように大胆すぎる補強に打って出て、宮内義彦オーナーは

野球は何人でプレーするのか知っているのかと嘲笑された

かつてのオリックスバファローズのように栄光の巨人軍が笑い者になっては

王貞治松井秀喜といったOBはもとより読売ジャイアンツを愛するファンが

悲しむと思うのです。

もっと言うならばプロ野球選手を夢見る子どもたちの6人に1人が貧困層

あることを読売新聞社のドンでもある渡辺恒雄氏が知らないはずはないし、

選手を買い漁る金があったらタイガーマスクのように児童福祉施設

貧困層の子どもを東京ドームに招待したり、野球の道具をこうした

経済的に恵まれない子どもたちや発展途上国や紛争地域に寄贈したり、

ほとんど障がい者割引がないプロ野球の試合に障がい者割引を

導入するなどやるべきことやお金の正しい使い道はあると思うし、

お金はよその四番打者と主戦投手を買うためのものという発想から

読売ジャイアンツ渡辺恒雄氏が脱却できなければ、

読売ジャイアンツとは対照的に実直に生え抜き選手の育成や慈善活動に

取り組んできた広島東洋カープの成績を来季も上回ることは正直難しいと

思います。

こうした拝金主義はファンに愛想をつかされる元凶であることは

自明であって、読売ジャイアンツ1球団の傲慢のために、

先のタイガーマスクではないけれど昔から慈善活動やファンへの

神対応に力点を置いてきたプロレスに人気を持って行かれるのも

時間の問題と思います。

法外な裏金や契約金で読売ジャイアンツに入団した若手選手は

お金の使い方も身についていないのに同世代のサラリーマンの一生分の

ような大金を手にしては自分を万能の神のように誤解してしまうと思うし、

大金を手にキャバクラ店や女性アナウンサーとの交際に

走るならまだしも、不倫や違法ドラッグや野球賭博など週刊文春

ネタを提供する事態になってしまうと思うし、そうならないために、

読売ジャイアンツには球団の身売りや渡辺恒雄氏の経営からの

排除を真剣に考えて欲しいと思います。