mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ロシア外交

日露首脳会談のために来日したロシアのプーチン大統領

山口宇部空港や東京都の東京国際空港への到着が遅れたことに大統領側は

もっともらしい理由を付けて弁解していたけれど、

大統領一行の到着を心待ちにしていた山口県の方々が待ちぼうけを

食らってしまったことは事実であるし、これまでの大統領の言動を

見聞きしていると、山口宇部空港に近い巌流島にわざと遅れて着いた

宮本武蔵ではないけれど、陰謀や作略、あるいは北方領土など

我が国との交渉事を有利に進めようとする大統領の作戦のように

思えてしまいます。

この日露首脳会談の舞台に地元の山口県を選んだ安倍晋三首相にも

経済面やエネルギー調達の面でロシアとの関係を重視したいとか

膠着状態が続く北方領土の返還交渉に道すじを付けたかったという

言い分は理解できるものの、安倍晋三首相が総裁を務める自民党

党是のように日米同盟や日米安全保障条約を重視してきただけに

アメリカ大統領選挙へのプーチン大統領の介入疑惑や

シリア情勢などでアメリカとロシアがギクシャクしているときに

プーチン大統領との首脳会談をセッティングしてはアメリカ政府の

怒りを買うと思わなかったのかとか、韓国の大統領の弾劾騒ぎや

アメリカの次期大統領の就任など不確定要素のある国際情勢が

少しでも落ち着いてから年明けに腰を据えて首脳会談をするべきでは

なかったかと言いたくなります。

この日露首脳会談に合わせてロシアと我が国の経済界の対話の場も

設けられましたが、そうした中でスタンドプレーのごとく

ロシアの政権幹部と接触したソフトバンクグループの孫正義氏の

動きも引っかかります。

経済活動の自由と言われればそれまでだけれど、閣僚や政治家以外の

人物が外国の要人と政権の承認を得ずに接触して失敗したり

足元を見られたケースはこれまでにもあったし、この孫正義氏に

限らず、日本の経済人や要職に就いていない与野党国会議員

ロシアと我が国には平和条約が未だに締結されていないことや、

北方領土が事実上ロシアに不法占拠されていることを忘れずに、

くれぐれもロシア政府に誤ったメッセージを与えないように

慎重な言動を心がけて欲しいと思います。