mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

電車で夜明かし

国鉄時代から青春18きっぷを持った格安旅行者やバックパッカー

ツーリングの途中に雨露しのげる宿を求めるライダーが北海道や

東北地方の無人駅、もっと言えば仮乗降場やいわゆる秘境駅

駅寝と称して待合室のベンチなどで仮眠を取る光景がシーズンになると

見られました。

でも、地元の方や暴走族とのトラブルを懸念したのか第三セクター鉄道

一部には駅寝を禁じる張り紙を出すところも出てきたし、

列車のない深夜にはまず空調の入らない北海道や東北地方の

無人駅を宿にしては下手したら凍死する事態になりかねません。

そこで駅寝以外に鉄道で夜明かしする手段と言えば、夜行列車ということに

なるのですが、これも安価で利用できる定期の夜行列車は

JRグループには皆無となってしまったし、路線が概して

JRグループの在来線よりも短い私鉄には終点に日付が変わってから着く

終列車はあっても夜行列車と呼べるものはほぼ存在しないし、

無人駅の駅舎も夜間走行する貨物列車や回送列車も少ない私鉄は

終電から始発まで閉鎖してしまうことが多く、

JRグループよりもさらに駅寝が難しいように思います。

でも、JRグループも私鉄も大晦日から元旦は首都圏や関西圏で

年越しの終夜運転を行って、普段走らない時間に臨時列車が走ったり

いつもは閉鎖される駅の待合室も都市部を中心に終夜解放されている

ケースが多く見られます。

こうした大手私鉄の年越し終夜運転の中でも日本一の距離を誇る

近鉄の初詣向けの終夜運転に着目した鉄道ライターの話が面白く、

アーバンライナー伊勢志摩ライナーのような特急料金がかからない

近鉄名古屋線近鉄大阪線終夜運転の急行や快速急行

名古屋線大阪線の接続する三重県松阪市伊勢中川駅で乗り継いで

夜明かししながら名阪間を移動しつつ近鉄電車で夜明かしして

新年を迎えてはというものです。

荒唐無稽に見えるかもしれないけれど、時刻表を見れば実際そのような

乗り継ぎは可能だし、安眠や座席の保証ができない代わりに

名神ハイウェイバスの夜行便と比べても予約が不要で時間も

正確といったメリットもあるので、近鉄終夜運転は伊勢方面の

初詣客向けのものという固定観念に縛られずに体力に自信があるならば

近鉄全線に乗れるフリーきっぷや正月も使える近鉄株主優待券を

旅行代理店や金券ショップで入手して、一年に一度しかできない

乗り継ぎで近鉄名古屋駅から大阪上本町駅大和八木駅乗り換えで

近鉄橿原線近鉄京都線沿線を目指すのもいいでしょうね。