mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

きよすとおたい

織田信長の築城した名城、清洲城のことは知っていても、

この清洲城のある愛知県清須市のことは良く知らないという

人も少なくないと思います。

そこで今回はこの愛知県清須市にある興味深い駅のお話です。

まずは清洲城清須市の「す」の字が異なっている理由の鍵となる

名鉄名古屋本線名鉄津島線須ヶ口駅です。

この駅は路線の分岐駅で、津島駅愛西市佐屋駅関西本線

連絡する弥富駅方面への乗り換え客の利用する交通の要衝と言えるし、

名鉄の運行上の拠点のような位置づけなのに須ヶ口駅自体の

利用客がそれほどでもないのか、津島駅以南に向かう乗客は

快速特急ミュースカイの止まる尾西線名鉄一宮駅を使うのか

市の名前の一部になっているのに名鉄特急がほとんど通過してしまうのが

ファンには逆に興味深いところです。

興味深いといえば、この名鉄名古屋本線枇杷島分岐点信号場で分岐する

名鉄犬山線上小田井駅、中小田井駅、下小田井駅も

名古屋市営地下鉄鶴舞線も発着する上小田井駅と隣りの中小田井駅は

名古屋市に位置するのに、下小田井駅だけが名古屋市でなく清須市

所在になるのも面白いところです。

ついでに触れるなら上小田井駅から名古屋市営バスで南へ向かうと

古城というバス停がありますが、この古城のバス停は

名古屋市営バスだけれど越境のように清須市の所在になるのです。

清須市の話題から離れてしまうけれど、この上小田井駅から古城のバス停に

向かうのとは別の路線に少し揺られると、名古屋市西区役所山田支所近くの

東海交通事業城北線の小田井駅に出ることができます。

この小田井駅も興味深く、先に触れた名鉄犬山線の上中下のつく

小田井の駅とはいずれも徒歩で10分以上かかってかつ城北線の本数も

少ないために連絡駅とは言いがたいためか

名鉄のような上中下や南小田井、東小田井のように

小田井の前に接頭語がつかないのも面白いものです。

この小田井駅から城北線で西に向かうとやがて清須市に入って

尾張星の宮駅や終点で東海道本線と連絡する枇杷島駅に出ることができます。

城北線を運行する東海交通事業は冒頭で触れた清洲城に向かう

観光客に尾張星の宮駅の利用を勧めていますが、ハイキングの感覚で

歩くならともかく、歩くのが億劫な向きは無理せず枇杷島駅で

東海道本線の普通列車に乗り換えて最寄りの清洲駅から

清洲城に向かったり東海道本線の列車内から清洲城の勇姿を

窓越しに眺めてはどうかと思います。

清洲城を目指す歴史ファンだけでなく駅のない東海道新幹線を含めて

いくつも鉄道路線が密集していて鉄道ファンの心もくすぐる

名古屋市のお隣の清須市に出かけてみてはいかがでしょうね。