mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

大阪駅直通

北陸本線湖西線の一部の直流化で、大阪駅や京都駅方面から

敦賀駅近江塩津駅まで関西の新快速列車が直通することになった

滋賀県の湖北地方と福井県の嶺南地方。

直流化の当時はデットセクションが介在し交直流電車でないと

関西と直通できなかったこれらの地域が、新快速列車で

関西と直通するといって、まるで新線開業のような盛り上がりでした。

でも、当時から指摘されていたように、名前は新快速でも、

湖西線の北のほうと北陸本線は各駅停車になるため、敦賀駅から

京都駅や大阪駅まで新快速列車でも片道2時間以上かかって

福井県の嶺南地方や滋賀県の湖北地方から関西に通勤通学するには

湖西線サンダーバード東海道本線のびわこエキスプレス、はるかの

ような特急列車のお世話にならないと現実的に難しいのは今でも変わって

おらず、実際JR西日本もこれらの地域から京都府大阪府方面への

特急列車の利用を前提とした定期券を売り出しているし、

湖北地方の玄関口の東海道新幹線米原駅を管理するJR東海

京都駅や新大阪駅に通勤通学する乗客に新幹線定期券の利用を

呼びかけています。

この快速列車による大阪駅直通というテーマで引っかかるのが、

JR西日本関西本線の加茂駅、亀山駅の間を複線電化しようとする動きです。

現在も電化区間の終点である加茂駅まで大阪駅から直通する

大和路快速が乗り入れていることを考えれば、もしこの区間

地元の思惑通りに電化されれば大和路快速が加茂駅を超えて、

JR東海との境界である亀山駅まで延長されることが想像できますが、

この構想が実現しても、現在のこの区間の輸送量や、伊賀上野駅

三重県伊賀市の中心から離れていて、近鉄大阪線

三重交通の高速バスとの対抗で劣勢に立たせれていることを考えると、

先の湖西線北陸本線のように、名前は大和路快速でも加茂駅以東は

各駅停車とかほとんど通過駅がないという実態になるのではないでしょうか。

時間や運賃料金の面で東海道新幹線名神ハイウェイバス

近鉄アーバンライナーに勝つのが難しいことを考えると、

直流電化で繋がっても亀山駅を超えて大阪駅や関西本線の起点の

JR難波駅から四日市駅名古屋駅方面に直流する快速列車や

特急列車が定期運行するのも採算面から難しいのが現実だと思います。

長浜市敦賀市に著名な観光地を抱える先の滋賀県湖北地方や

福井県嶺南地方に比べると観光の面でもこの関西本線の非電化区間

客観的に見て正直見劣りしてしまうし、複線電化を望む地元の

気持ちもわからなくはないけれど、鉄道縮小時代と言われる中で

費用の一部地元負担を承知の上で関西本線を複線電化することが

果たして妥当か考えて、地域活性化や観光客の増加は

この関西本線沿いを通る予定のリニア中央新幹線新名神高速道路

全通に託すのが適切なように思うのですがいかがでしょうね。