mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

583系の思い出

JR東海紀勢本線近鉄山田線の走る三重県松阪市

紀勢本線がまだ国鉄だった頃に国鉄DD51型ディーゼル機関車牽引の

紀伊というブルートレインがこの松阪市の玄関口の国鉄松阪駅を経て、

東京駅から和歌山県紀伊勝浦駅とを結んでいたけれど、

標準軌国鉄JR東海とレールの繋がっていない近鉄山田線はもとより

非電化で電車の走れない紀勢本線にも国鉄583系電車が走ったことは

後にも先にもありません。

でも、筆者はかつてこの松阪市のカラオケ店で、国鉄583系電車の

廃車体を利用したカラオケボックスを見たことがあります。

国鉄色とは似ても似つかぬ塗装に身をやつした国鉄583系電車の姿には

少し興醒めな思いもしたけれど、開店休業状態のようなカラオケ店で、

しかも現役時代に縁のなかった三重県松阪市国鉄583系電車に

出会えたことに興味をそそられました。

さて、この国鉄583系電車は寝台電車の後継と言えるJR西日本285系電車

サンライズエキスプレスと異なり、客車のブルートレインと同じく

宵闇のイメージを持っていました。

実際、団体臨時列車の運用などごく限られたケースを除き、筆者の地元の

東海道本線名古屋駅ではなかなか明るい時間にこの国鉄583系電車に

出会うことは叶いませんでした。

ところがあるとき、東海道本線の大阪駅で白昼堂々JR西日本583系電車の

姿を見ることができました。

時刻表にない回送列車だったのに、辛抱強く待ち続けたのか

どこかで情報を仕入れてきたのか、カメラを片手にちゃっかり

JR西日本583系電車を待ち受けていた関西の撮り鉄の熱意には

驚かされたけれど、地元でなかなか日中に見られないJR西日本583系電車の

姿を見られたのは嬉しかったし、先のカラオケ店で国鉄583系電車と

出会ったときとは違う感動がありました。

あれから時は流れて、JR西日本583系電車の唯一の定期運用だった

急行きたぐにはおろか、北陸新幹線金沢駅への延伸を前に、

かつて国鉄583系電車も一部運用されていたL特急雷鳥

JR西日本681系電車、JR西日本683系電車の特急サンダーバード

事実上統合されて愛称が消滅したのは時代の流れですが、

東海道本線名古屋駅に発着していた特急金星が通った福岡県北九州市

JR九州715系電車の塗り替えとはいえ、この懐かしい寝台電車

綺麗な姿で静態保存されているのは嬉しいことです。

この寝台電車国鉄583系電車といえばかつては狭いと嫌われた

3段式のB寝台車が有名でしたが、同じ夜行列車の北斗星の寝台車を

再利用した東京都のビジネスホテルが開業前から話題を呼んだように、

国鉄583系電車をイメージした3段式寝台車の気分が味わえる

宿泊施設を作れば筆者のように寝台電車を懐かしむ鉄道ファンは

もとより、国鉄全盛期の汽車旅を知る一般の旅行者や、

一風変わった旅を求める外国人旅行客にも話題になると

思うのですがいかがでしょうね。