mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

ひと駅乗って

先月日本テレビ系列の中京テレビ放送が移転し、分譲マンションの

建設もたけなわな名古屋臨海高速鉄道あおなみ線ささしまライブ駅周辺。

摩天楼のような名古屋駅からあおなみ線で僅かひと駅のこの

ささしまライブ駅の周辺が超一等地と言えるロケーションなのに、

中京テレビ放送に先立って愛知大学が移転してくるまでは

近鉄名古屋線JR東海関西本線中川運河の間にだだっ広い開発予定地が

広がるだけで、もっと昔の国鉄時代までプレイバックすると

国鉄の笹島貨物駅の貨物ヤードがだだっ広く展開するだけだった

この名古屋市中村区のささしまライブ地区の変貌には地元と言える筆者も

目を見張るばかりです。

でも、一部の鉄道ファンにトワイライトゾーンのように称される

大阪市阪急宝塚線中津駅や、南海本線と南海高野線

今宮戎駅のように、名古屋市のターミナルの名古屋駅名鉄栄町駅から

ひと駅なのに乗降客も少なく独特の雰囲気を漂わせる駅も

存在するので、今回はそうした駅に少し触れてみましょう。

まずは先のささしまライブ駅と歩道橋で直結した近鉄名古屋線

米野駅です。

近代的な街並みとなったささしまライブ駅からすぐなのに、

この近鉄米野駅は大して佇まいを変えておらず、

疾走する優等列車に紛れ肩身狭そうに普通列車がひっそりと発着しています。

この米野駅と違って高架駅だけれど、ナゴヤ球場前駅と称していた頃の

中日ドラゴンズファンの喧騒が嘘のような佇まいを見せているのが、

名鉄名古屋駅からひと駅の名鉄名古屋本線山王駅です。

中日ドラゴンズの一軍の試合がなく、場外馬券売り場にも東海道本線

尾頭橋駅が近いために優等列車の臨時停車もなくなってしまったけれど、

地元の住民やウエスタンリーグの二軍選手を応援する熱心な

プロ野球ファンのために存在し続けるこの駅の佇まいが、

来るべきリニア中央新幹線の開業に向けて日進月歩の再開発の進む

名古屋駅周辺が様変わりしてもそのままでいてくれたらと思っています。

もうひとつは名古屋市営地下鉄東山線伏見駅です。

この伏見駅は今まで触れてきた名古屋駅の次の駅と桁違いの

乗降客を数え、名古屋市科学館名古屋市美術館に近く

平日の昼でも乗降客が絶えないけれど、そうした喧騒とは

別世界のような、開門時間が限定の繊維問屋街との

連絡地下街もトワイライトゾーンと言えると思います。

最後は名鉄瀬戸線栄町駅からひと駅の東大手駅です。

この駅はその昔名古屋城のお堀を走っていてお堀電車と呼ばれた

瀬戸線の旧史の名残りのような存在で急行や準急も停車しますが、

名古屋市営地下鉄名城線の市役所駅や桜通線久屋大通駅から

微妙に離れているために乗降客も限られて、昭和の香りを

今に漂わせています。

首都圏にもここまで触れてきたようなトワイライトゾーンのような

駅がありそうだし、たまにはターミナル駅からひと駅の小駅で

途中下車してみるのも面白そうですね。