mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

言論の自由

オランダでヘイトスピーチ紛いの言動をした極右政党の党首が

逮捕されたと言います。

言論の自由が事実上存在しない中国や北朝鮮のような共産圏の国ならともかく、

民主主義で言論の自由が歴然と存在するオランダで司直が

ヘイトスピーチにNOを突きつけた意味は大きく、

小池百合子東京都知事しかりアメリカの次期大統領しかり政治家は

大衆受けするならば誰かを傷つけるような言動をしてもいいと言った

世界を席巻する悪しき風潮に歯止めを掛ける一助になればと思います。

我が国やアメリカのような民主国家でも中国や北朝鮮キューバのような

共産圏の国々でもマイノリティーと呼ばれる人々は必ず存在するのに、

政治改革、自国の雇用促進、オリンピックといった錦の御旗で

あたかもマイノリティーの存在が抹消されているような事例は過去に

存在しました。

北京オリンピックの際に、オリンピックに絡む再開発で貧困層の人が

立ち退きを余儀なくされたことは東京オリンピックを控える我が国も

他山の石として忘れてはいけないと思うし、アイヌ琉球などの

先住民の方々や、ハンセン病の患者の方々に筆舌に尽くしがたい思いを

させて、今でもネオナチと五十歩百歩のヘイトスピーチが根絶できていない

我が国のメディアが移民排斥などマイノリティーに

差別的な言動を続けるアメリカの次期大統領に対して批判する資格がある

だろうかという思いもあります。

もっと言うなら刑事裁判の有罪率がほぼ100%という民主国家では

異常な割合を示している我が国で、昨日突然引退を表明した

人気俳優のように薬物使用の鑑定で陰性の結果が出ているのに

世論操作、世論誘導と言える週刊誌の報道であたかも有罪が確定した

犯罪者のような心象を世間に与えてしまった事案が発生してしまったことは

由々しき問題であって、確証のない報道で被害を被る有名人や

一般人、企業や団体が出る前に、言論の自由を保障した日本国憲法

改正し、紙媒体やSNSで根拠のない個人攻撃や差別的な言動を

すること、あるいは世論誘導でそうした言動をはやし立てることを

現状より厳しい罰則規定のある法律で禁止すべきと

思うのですがいかがでしょうね。

メディアは自主規制に取り組んでいるというけれど、

自主規制ではなあなあになるし、言論の自由は大切だけれど

罪のない人間を傷つける権利は誰にもないという考えに立つべきと

思うのです。