mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

超の字

対象が何であれ、我々は超人たちの祭典オリンピック、超人糸井嘉男選手、

そして乗り物の超特急のように超の字が付くと何となく速いとか

すごいとか思ってしまいます。

ドラゴンボールスーパーサイヤ人JR西日本の特急のスーパーはくと

スーパーおきのように英語のスーパーでも同様で、乗り物の場合だと

超とかスーパーとか付かない列車やバスに比べて所要時間や座席が

大して変わらなくても何となくありがたみを感じてしまうし、

現実であれフィクションであれ超とかスーパーとか付く人間は我々

常人を卓越した存在のように感じられて羨望の対象になるように

思います。

でも、こうして超の字やスーパーという接頭語には魔力のようなものが

あるので、我々は安易に超の字を使わないようにすべきと思います。

スーパーという接頭語が付いているのに中身が伴っていなかったら

逆に失望や怒りを買ってしまうし、超の字が付くと畏れ多いように

思われて人間なら気安く近寄ってはならないと敬遠してしまったり、

高速バスのように超特急でも超の付かない普通の特急でも料金が

変わらないのに超特急と付くと何となく特別料金が掛かるように

思われて敢えて超特急を避けてしまう人もいると思います。

こうした弊害もあるのでメディアや事業者には安易に超とかスーパーとか

付けないように求めたいし、我々も軽々しく超やスーパーという

接頭語を付けないように気をつけたいところです。

筆者も壮絶な経験を乗り越えて奇跡の復活と言われることもあるので

超人と人から言われるかもしれないけれど自分で超人を自称することは

おこがましいと思っています。

多くの一般人は自意識過剰やナルシストの人でなければ筆者と

同じ考えだと思うけれど、阪神タイガースへの移籍が確実のように

言われている糸井嘉男選手は時折自分を超人のように自称することがあります。

神対応ということばで片付けられないほど厚遇で糸井嘉男選手の獲得を

目指す阪神球団の熱意には圧倒されるけれど、もし阪神タイガースへの

フリーエージェントでの移籍が実現しても、オリックスバファローズ

時と変わらず超人を自称し続けたら今は神対応を貫く阪神球団や

彼の移籍を熱望する川藤幸三ら球団OBも糸井嘉男選手に

愛想を尽かすのではないかと今から心配になりそうですね。