mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

城下町を繋ぐ新幹線

先日、宮城県仙台市東北新幹線仙台駅と、石川県金沢市JR西日本金沢駅

結ぶ臨時の新幹線が運行され話題となりました。

直通の定期列車のない仙台市富山県、石川県の北陸新幹線

団体専用列車とはいえ、鉄道ファンには興味深い大宮駅でのスイッチバック

経て乗り換えなしで結ぶJR西日本JR東日本の試みにも興味を

惹かれましたが、定期列車のはやぶさやかがやきとも異なるこの

直通列車の停車駅も興味深いものでした。

北陸新幹線ができる前は、仙台市金沢市というと何となく

遠いイメージで、首都圏や関西圏に向かう旅客ほど直通の列車や

高速バスの需要がないように勝手に思っていました。

でも、北陸新幹線ができる前から宮城交通北陸鉄道

この仙台市金沢市を結ぶ夜行バスの運行を続けてきたし、

仙台空港小松空港発着の飛行機を利用する旅客を含めれば、

案外仙台市金沢市富山市との直通需要はあったのでしょう。

筆者が勝手にこの2都市を遠いように思っていたのは、鉄道で行こうとすると

東北新幹線で一旦首都圏に出るか、本数の少ない磐越西線米坂線などの

ローカル線で日本海側に出て北陸を目指すかの二者択一になるので、

実際の距離よりも遠く感じていた部分があったのだと思います。

でも、臨時の団体専用列車とはいえ、この伊達政宗の城下町の仙台市

前田利家の加賀百万石の城下町の金沢市を結ぶ直通の新幹線が

実現したのですから、東日本大震災の後も前述の夜行バスの運行が

途切れなく続いていることを踏まえて、JR東日本JR西日本の2社が

協議して、今度は団体旅行に申し込まなくても乗車券、

特急券、指定席券やグリーン券、グランクラスの券を用意すれば

誰でも乗れる東北新幹線北陸新幹線の直通列車の運行に漕ぎつけたらと

思います。