mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

免罪符にならぬ

愛知県で行われていた芸術の祭典、あいちトリエンナーレ豊橋市

会場で希少種の鳥が展示作品から逃げたり死んだり、生き残った

鳥も悪臭がするなど劣悪な環境で飼育されていたりと動物虐待ではないかと

イベント関係者が批判を受けました。

関係者は謝罪したものの、自分たちは芸術の専門家で野鳥の飼育は

門外漢だったと弁解したことに、人間だろうと野鳥だろうとかけがえのない

命であり、知識がないとか故意でないとか関係なしに、貴重な

命が奪われる結果になった事実は変わらず、これは芸術作品ですと

主張しても免罪符のようにはならないと思いました。

このあいちトリエンナーレでもテーマになった現代アート作品を扱った

東京都のイベントで今度は動物ではなく未来ある子どもの命が

炎かともに奪われてしまったことにやるせなさと怒りを禁じえません。

この明治神宮球場近くで行われたイベントでも、先の愛知県の事例同様に

これは遊具でなくアートだ、作品が多すぎて主催者もいちいち把握できない

ということばが聞かれましたが、工学の知識のあるはずの学生が

おそ松さんならぬお粗末さんと言いたくなるようなずさんな

照明の管理をしていたことや、白熱電球の発熱のリスクを来場者から

指摘されていたのに馬耳東風だったことに、こんなお粗末さんに

愛息の命が奪われてしまったのかとご両親は無念でならないと思うし、

大学側も学生に停学などの厳しい処分を科して欲しいと思います。

冒頭のあいちトリエンナーレのようなイベントが各地で企画され、

奈良県での芸術祭のアピールをおめかししたせんとくんが行う

微笑ましいポスターも見かけましたが、芸術だから安全や

バリアフリーそっちのけでいいということは絶対ないので

ゆるキャラを駆り出して浮かれるのもいいけれど、せっかくの

芸術祭が後味の悪いものにならないように願うばかりです。