mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

俳句五首

自由度の高い川柳に比べて、季語が必要な俳句はビギナーには

ハードルが高いように思うけれど、好きなものと絡めると意外に

浮かんでくるものなので、筆者が自分の経験や趣味を元に

思いついた俳句を五首挙げてみましょう。

神ってる 紅葉の熱は 北にまで

記憶に新しい広島東洋カープ北海道日本ハムファイターズ

日本シリーズで、広島県から遠く離れた札幌ドームで広島東洋カープ

応援団がスタンドを真っ赤に染めているのを見て、この日本シリーズでは

破れてしまったものの読売ジャイアンツに大差を付けてセリーグ

制覇した広島東洋カープの勢いとそれを支えた全国のファンの神懸かり的な

力を詠んだものです。

熊本の 笑顔が見たい サクラ咲け

平成28年熊本地震で壊滅的な被害を受けて、復興を目指す熊本県

原爆の被害からの広島市の復興の象徴だった広島東洋カープのように

くまモンと並ぶ復興の象徴としてひた走る九州新幹線のさくら号に

地震から1年の節目となる来年のサクラの時期には熊本県

もっと笑顔が増えていて欲しいという思いで詠んだ句です。

はやぶさで 訪ねてみたい 北の冬

北陸の 冬のかがやき 美しい

この2首は相次いで開業した北陸新幹線北海道新幹線が走る

厳冬の北海道、東北地方や北陸地方を思い浮かべて列車の愛称と

冬こそ美しいと言える陸奥や北海道の道南地方、兼六園の雪景色や

和倉温泉加賀温泉郷の湯めぐりも楽しい北陸を絡めて連想した句です。

最後は趣味ではなく実体験から詠んだ句です。

肉まんの カイロの温もり 暖かい

ブラック企業で残業に追われて、終バスを待っていた時に

コンビニで買い求めた肉まんをカイロの代わりに暖をとるのが

数少ない会社員当時の楽しみだったことを思い出して詠んだ句です。

ビギナーの筆者でもこれだけ思いつくのですから、

川柳や俳句は敷居が高いと思わずに一首詠んでみてはいかがですか。