mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

路面電車で歩く町

中心部の四条通りや京都駅周辺の慢性的な渋滞に悩み、定時運行が

保証できず渋滞の起因にもなっている京都市営バスをはじめとする

路線バスよりも、市内を南北に縦断する京阪電鉄本線、鴨東線

京都市営地下鉄東西線などの鉄道を利用し、駅から観光地まで歩こうと

京都市が呼びかけて注目を集めています。

筆者もこの京都市で観光シーズンの渋滞を幾度も目にしてきたし、

路線バスや観光バスが駐停車しているために走りにくい、

止めにくいと言ったタクシーの運転手のぼやきも耳にしています。

この京都市でも現在の嵐電、京阪京津線に加えて、

路面電車の復活構想があったり、観光客で賑わう京都鉄道博物館

京都駅からバスで向かうお客をバスより輸送力のある

JR西日本山陰本線に新駅を設けて運ぼうという構想がありますが、

この京都市に似た風情ある佇まいで観光客で賑わう小京都の

石川県金沢市も路線バスばかりに頼らず既設の北陸鉄道石川線

北陸鉄道浅野川線や将来加賀温泉駅方面に伸びることになる

IRいしかわ鉄道線などの私鉄の有効活用や兼六園香林坊などの

市街地をめぐる路面電車の新設を検討すべきではと思います。

北陸新幹線金沢駅から兼六園香林坊に向かう北陸鉄道

西日本JRバスの路線バスが無数にあって土地勘のない観光客には

かえって分かりにくいし、路線バスが渋滞のようになってなかなか

金沢駅のバスターミナルに入れない状況も良いとはいえないので、

それならば冒頭の京都市の取り組みのように既設の鉄道や

路面電車の新設を検討すべきと思うのです。

隣の富山県高岡市万葉線富山市富山地方鉄道富山ライトレール

といった路面電車を活用したりJR西日本高山本線に新駅を設ける

社会実験を行って世間の関心を集めたことも観光客輸送は

路線バス頼みになっている金沢市も参考にすべきと思うし、

栃木県宇都宮市路面電車の復活構想が具体化したことに続いて、

北陸新幹線が西に伸びる頃には金沢市でも路面電車の復活構想が

具体化すれば鉄道ファン以外にも関心を集めると思うのです。

そういえば今年の日本シリーズを戦った北海道日本ハムファイターズ

本拠地札幌市も広島東洋カープの本拠地の広島市も市電の環状化で

話題を呼んだ札幌市交通局、原爆の被害を乗り越え今日まで

市内電車を守ってきた広島電鉄路面電車が今でも健在だし、

どちらの市内電車も地元民だけでなく観光客にも広く知られて

愛されているのですよね。