mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

待望論

フリーエージェント宣言での他球団への移籍が確実であるように

まことしやかに報じられるオリックスバファローズ糸井嘉男選手。

破天荒な発言を繰り返し、メジャーリーグ移籍の希望も翻意した

過去のある糸井嘉男選手の経歴を考えれば、以前糸井選手と

同様にフリーエージェント宣言でメディアを騒がせた同じ

オリックスバファローズの金子千尋投手のように一転して

オリックスバファローズ残留という結末も考えてしまうけれど、

球団生え抜きの金子千尋投手に比べて、オリックスバファローズのOBに

何で北海道日本ハムファイターズ糸井嘉男オリックスバファローズ

主将なのかと揶揄されたこともある糸井嘉男選手に対してファンである

筆者もそれほど愛着を感じないというのが偽らざる事実です。

やはりそれだけプロ野球の世界で生え抜きか否かというのは大きく、

このオリックスバファローズの監督だった森脇浩司さんが

セリーグ中日ドラゴンズのコーチに就任したと聞いて

どこか違和感を覚えてしまうのも森脇氏が中日ドラゴンズ

ユニフォームを現役時代に一度も着ていないからだと思います。

この中日ドラゴンズ大島洋平平田良介選手らが糸井嘉男選手と同じく

フリーエージェント宣言するか否かでファンをヤキモキさせましたが、

読売ジャイアンツのように金まかせで他球団の主力をかき集めるよりも

生え抜きの選手を辛抱強く育てて常勝軍団を作っていくという

やり方がアンチ巨人が多く、渡辺恒雄氏のようなやり方を望まない

オリックスバファローズ中日ドラゴンズのファンには受け入れられると

思うし、監督やコーチにしても結果第一ではあるものの

中日ドラゴンズならば立浪和義氏、オリックスバファローズならば

山田久志氏、長谷川滋利氏のような生え抜きの人間を抜擢すべきと

筆者は思うし、そうでなければ智弁学園よりも弱いと揶揄される

負け犬集団になってしまったオリックスバファローズや、

このオリックスバファローズと五十歩百歩の成績に業を煮やしたファンから

選手にえげつないヤジが飛ばされる事態になった中日ドラゴンズ

チーム改革を大胆に、かつ選手やファンから信頼される形で

行うことは無理と思います。

さて、タイトルの待望論です。

ブルーサンダー打線の代名詞として活躍し、海の向こうで十分すぎる結果を

残したイチロー選手の日本復帰を前身の大阪近鉄バファローズ時代からの

生え抜きだった坂口智隆選手の穴が埋まらず中堅手の確保に

苦しむオリックスバファローズの球団もファンも待ち望んでいるのは

言うまでもないし、郷土愛が強く幼い頃は中日ドラゴンズのファンだった

イチロー選手ならば生え抜きでなくても中日ドラゴンズの監督や

コーチに就任しても誰も文句は言わないでしょう。