mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

大嫌い

次々とゲスの極みを暴き出すスクープを連発して、世間の

度肝を抜いた週刊文春

この週刊文春が発表した女が嫌いな女ランキングというものに

思わず苦笑いしてしまった。

ゲスの極みの語源と言える騒動でランクインするべくしてランクインした

ようなベッキーや、彼女の比にならない極悪非道で無慈悲な破廉恥な

スキャンダルを起こした息子の不祥事をこともあろうに暴力団

使ってもみ消した高畑淳子などはランクインに抗議する資格などないと

思うし、高畑淳子などはゲスの極みの極みと言える存在なので、

本来は選抜総選挙で言えばセンターポジションの首位にいないと

おかしいと思ってしまう。

夫の木村拓哉が絡んだSMAP解散騒動で発言を求められる機会の増えた

工藤静香のように、マスコミがマイクを向けるから仕方なしに

発言してかえって自身の心象を悪くしてしまったといって、

ランクインした有名人を擁護する向きもあるが、

美川憲一マツコ・デラックスのようにマスコミに事あるごとに

マイクを向けられるご意見番的なポジションをうまく使っている

有名人もいるのだし、夫の不倫やスキャンダルの尻拭いで株を上げた

女性有名人もいるのだから、公人として責任ある言動と神対応

心がけていればこの不名誉と言えるランキングに入ることも

なかろうと思う。

さて、公人の代表格と言えば政治家が思いつくが、スポーツ新聞や

夕刊紙の芸能面で扱われることが少ない女性政治家も

この週刊文春のランキングにポツポツ現れているのが目を引いた。

現職ながらメディア受けを狙ったような東国原英夫氏との

論争など半ばタレントかお笑い芸人のように活動している上西小百合議員は

別格として、支持者が多いように報じられる小池百合子東京都知事

蓮舫民進党代表、そして高い支持率を維持している安倍晋三総理の

側近の稲田友美防衛大臣などがセンターとは言わなくても

不名誉な選抜入りを争っている状況では、候補者の言動が

民主党も共和党も品がないと批判され、不毛な争いとか

荒探し合戦と皮肉りたくなるアメリカ大統領選挙

このアメリカを敵視し人権を軽んじる発言を繰り返す某国の大統領を

批判する資格はないと言われても仕方無かろう。

さて、医療用大麻の合法化を訴えて参議院議員選挙に落選した

あの元女優も知名度の高さから来年のランクインが予見されるが、

指原莉乃よろしくこのランキングで不動のセンターポジションに

君臨する和田アキ子のように私は嫌われ者と開き直るわけには

いかないことは彼女の犯した罪を考えたら明白だろう。