mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

マジでケンタッキー

福沢諭吉ゆかりの地、大分県中津市B級グルメとして認知度が急上昇の

中津から揚げ。

この中津から揚げのチェーン店のCMの大分県ケンタッキー州

どちらを応援しますかという宣伝文句に思わず苦笑して、

大阪府兵庫県大分県別府市を結ぶフェリーの

今の大分県にとってお客様はマジで神様ですという

宣伝文句を思い出しました。

賢明な方はもうお気づきかもしれないですが、平成28年熊本地震

甚大な被害が報じられ、九州全体の観光客が落ち込んでいるなか、

大分県は被害がひどかった熊本県の隣県である上に

県内の湯布院町などで被害も出たし、熊本県阿蘇方面を

結ぶJR九州豊肥本線や並行する道路の復旧が難航しており、

震災前と変わらない佇まいを見せている別府市までが

風評被害に苦しむ事態となって、冗談を言っている余裕はないのです。

でも、先のフェリーの宣伝文句といい、から揚げ店のキャッチコピーといい、

御涙頂戴のような方法を使わずに、大分県は元気だよ、

ガンバっているから応援に来てねと

ユーモア交じりにアピールしていることがかえって好感を持てました。

マイカーや近鉄特急で関西に出ないと乗れないカーフェリーの広告を

敢えて名古屋市で張りだすほど風評被害に苦しんでいるということは

事実なのでしょうが、堅苦しい宣伝文句よりもフランクに

気軽に大分県においでよと現地の人に言って貰ったほうが

ふらっと大分県を訪れてみようという気になると思います。

さて、地震といえば心配されるのが昨日から続く鳥取県

中心とした群発地震です。

日本海側で寒い秋の夜長を余震の不安を抱えながら過ごして、

土日返上で片付けに追われる被災地の方々の苦労が偲ばれますが、

幸い震災による死者は出なかったのだし、我々情報の受け手側は

TwitterSNSの怪情報やデマに騙されないように冷静な視点を持つと

ともに、マスコミにも不必要な風評被害を生まないように

正確な情報提供を望みたいものです。