mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

伊予灘ものがたり

かつては青春18きっぷを持った乗り鉄か地元の住民、あるいは

お遍路さんぐらいしか訪れることなくひっそりしていた

JR四国予讃線伊予長浜駅周りのルート。

今でも特急宇和海は近道の内子線を回って宇和島駅方面に向かうために

定期の優等列車が走らないことは変わりがないけれど、

最近この予讃線伊予長浜駅周りのルートが何かと脚光を

浴びているのです。

その一つがタイトルにした観光列車の伊予灘ものがたりです。

いかにも旅情を感じさせるネーミングだし、JR九州ななつ星

JR西日本IRいしかわ鉄道線の花嫁のれんなどの観光列車ブームに

乗っての登場と思いますが、四国から遠く離れた名古屋市

敷島製パンが、この伊予灘ものがたりとコラボして、当地の

B級グルメのじゃこ天を入れたパンを限定で売り出すというのは、

名古屋市の製パン会社と四国西部の予讃線、一見ミスマッチに見える

じゃこ天とコッペパンの組み合わせが意外に思いました。

さて、この伊予灘ものがたりが走り出す前から青春18きっぷのポスターに

使われるなど乗り鉄を中心に隠れた人気があったのがこの予讃線

伊予長浜駅周りのルートにある下灘駅です。

この下灘駅は、JR東日本信越本線青海川駅と負けず劣らず

ホームが海に近く、コバルトブルーの海の美しさでは

青海川駅よりも下灘駅に軍配をあげたいぐらい眺望がよく、

ファンの人気があったのもうなづけますが、首都圏や関西圏から遠く、

観光シーズン以外はプライベートビーチのごとくひっそりした

雰囲気を漂わせていました。

ところが昨日放送されたNHK総合テレビのこの下灘駅を扱った

ドキュメンタリー番組を見て、聖地巡礼のような国内外の

観光客がひっきりなしにこの下灘駅に降り立つ姿に

灘駅予讃線伊予長浜駅周りのルートの変容を実感しました。

乗り鉄に愛された下灘駅だし、同じ元AKB48でも川栄李奈より

鉄子を公言する松井玲奈のほうがナレーションに実感がこもったような

気がするけれど、それはともかく、有名な観光地が周りになく、

見どころといえば海だけなのは相変わらずの下灘駅

次々観光客が降り立ったのは心強いと思うと同時に、

餘部鉄橋の掛け替え直前のJR西日本山陰本線鎧駅

餘部駅のフィーバーに違和感を持ち、秘境駅に観光客が殺到しては

せっかくの雰囲気が艶消しだから俺が来るときは観光客は

来ちゃダメと語っていた横見浩彦のことばを思い出しました。