mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

支線の味わい

聖地巡礼の観光客が増えて、突如として活況を呈することとなった

岐阜県大垣市

迷惑がられることもあるポケモンGOに比べれば、

関連グッズや飲食店、宿泊施設などの経済効果や

宣伝効果の見込める聖地巡礼は度が過ぎなければ

いいと思うけれど、この岐阜県大垣市大垣駅から

鉄道ファンにとって気になる東海道本線の支線が

西に伸びています。

まずは垂井線という通称もある第二次世界大戦中に関ヶ原

勾配の緩和のために設けられた東海道本線の上り線のみの支線です。

この垂井線には国鉄末期までは東海道本線の普通列車も

止まっていて、新垂井駅という垂井線経由の上り列車しか

止まらない駅もあってにわかにファンの注目を集めていましたが、

JR東海発足後は旅客の乗れない貨物列車と団体専用列車、

臨時列車、しらさぎワイドビューひだ、夜行のサンライズエキスプレスなど

限られた列車しか通らなくなって、途中に駅もないので

鉄道に関心がないと垂井線を通っていることを気づかないままに

米原駅方面に向かってしまいそうです。

でも、新垂井駅が無くなって地味な存在になったとはいえ、

隣の愛知県住まいの筆者もなかなか乗る機会がないばかりか、

JRグループと私鉄の全ての駅に乗車下車を果たした横見浩彦さえ、

安価なことと個人的な趣味で鈍行フリークのために

垂井線になかなか乗れないと嘆くように今でも

鉄道ファンの心をくすぐる路線であります。

もうひとつは大垣駅から美濃赤坂駅に向かう東海道本線

無名の支線です。

無名が幸いして幹線である東海道本線と一括で収支計算されて

国鉄末期の特定地方交通線の指定を免れた過去がありますが、

並行する名阪近鉄バスや近くを走る養老鉄道揖斐線よりも

運賃が安いためか、不規則な運転間隔の割には意外と乗降客があるし、

TOICAエリアから外れていても廃線となることは当分ないと思いますが、

西濃鉄道の大きな貨物ヤードの隅にJR東海313系電車の鈍行が

ひっそりと発着しているような美濃赤坂駅とこの駅の

味わいのある駅舎や、この美濃赤坂支線の唯一の中間駅である

荒尾駅などミニ路線だけどファンには見逃せない存在感があります。

聖地巡礼に興味がなくても、石田三成で話題の岐阜県関ヶ原町に

近いし、東海道本線に揺られて秋の一日岐阜県の西濃地方を

訪れるのもいいですね。