mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

びわこ京阪奈線

筆者も今年の初めに初詣に訪れた滋賀県の古刹、多賀大社

マイカーで名神高速道路経由でも中京圏や関西圏から気軽に日帰りできる

けれど、ふと目にした旅番組のレポーターが伊豆箱根鉄道線の

いずっぱこという俗称のように地元ではガチャコン電車と呼ばれる

近江鉄道線にのんびり揺られてこの多賀大社を参詣していたのを見て、

多賀大社前駅というそのものズバリのような最寄り駅もあるし、

東海道新幹線名古屋駅から滋賀県米原駅

JR京都線の京都駅、大阪駅からJR西日本223系電車

JR西日本225系電車の新快速利用で滋賀県近江八幡駅彦根駅

草津線信楽高原鐵道線の貴生川駅に出て近江鉄道線

乗り換えて気ままに多賀大社参りも悪くないと思いました。

この近江鉄道線は先に触れた伊豆箱根鉄道線と同じく西武鉄道

系列で、車両も伊豆箱根鉄道線や隣の三重県三岐鉄道線と同じく

西武鉄道で活躍した車両が走っていますが、観光地の

修善寺を抱えてJR東日本185系電車の特急踊り子号が首都圏から

乗り入れる伊豆箱根鉄道線や今では珍しいナローゲージ

北勢線を運行する三岐鉄道や新快速列車が

駆け抜けるライバルのJR西日本琵琶湖線に比べると地味な印象は

否めません。

でも、この近江鉄道線彦根駅の保存車両や味わいや暖かみのある駅舎、

本家の西武鉄道では見られなくなった懐かしい車両や

近江商人のふるさと五箇荘聖地巡礼のファンに注目を浴びる

豊郷小学校の校舎など探せば幾らでも見どころはあるし、

忌まわしい脱線事故を乗り越えて地域の足を守り続ける

貴生川駅で連絡する信楽高原鐵道線とともに

見逃せない存在と言えましょう。

休日にぶらりと先の多賀大社や紅葉が楽しめる永源寺など

神社仏閣巡りや信楽焼ひこにゃん近江牛などのグルメ目当てに

近江鉄道線信楽高原鐵道線の乗り歩きを楽しむならば、

びわこ京阪奈線フリーきっぷという休日限定のお得な

フリーきっぷがあります。

このフリーきっぷの接頭語になっているびわこ京阪奈線とは

近江鉄道線と同じ狭軌信楽高原鐵道線を繋いで、

JR学研都市線京田辺駅付近まで新線を建設して災害時などに

JR琵琶湖線JR京都線バイパスとして機能するように

沿線の自治体を中心に構想が進んでいる未成線ですが、

需要不足のためか現在まで着工に至る具体的な動きはありません。

でも、首都圏や関西圏を除けば、北陸新幹線北海道新幹線などの

整備新幹線の開業の話題ばかりで、私鉄や第三セクター鉄道

含めた在来線の新規着工の話が聞こえてこないのは

正直寂しい気持ちもあるし、お得なフリーきっぷをきっかけに

気ままに近江鉄道線信楽高原鐵道線で

紅葉や沿線の風情を味わう旅行客が1人でも増えて、

びわこ京阪奈線や北陸新幹線敦賀駅米原駅間の着工に

繋がればいいと思います。