mikenyan88の日記

折に触れて自分の思ったことをアップしていきます。

旅立ち

まだ北海道新幹線ができる前、JR東日本東北本線上野駅の売店の女性が、

北斗星カシオペアなどこの上野駅から発車するブルートレイン

眺めていると遠いみちのくや北の大地に旅情が募ると

語っていたのが印象に残っています。

彼女は旅客の旅立ちの様子を見届けながら漠然と自分も旅行に

行きたいと考えていたのではなく、忙しい仕事の合間に

ファンである森進一の歌にあるJR北海道日高本線絵笛駅

北斗星で旅立ちたいと考えていたのです。

演歌の衰退が叫ばれる中、森進一は浮き沈み激しい芸能界で

今も人気を維持しているけれど、北斗星カシオペア

定期運行を終えたのは周知の事実であり、カシオペア

カシオペア紀行と称して団体専用列車で運行を続けているけれど、

気ままに北の大地を旅することが夢だった上野駅の女性に

九州のななつ星のような高嶺の花のカシオペア紀行は

似つかわしくないと思うし、彼女や筆者のように

慎ましい暮らしの中で北の大地の汽車旅を夢見る人間には

北海道が遠い存在になってしまったようでどこか複雑な

思いがあります。

この北斗星カシオペアを運行していたJR北海道

経営難に喘ぐ事態となり、日高本線絵笛駅の先行きも

気になるところですが、国鉄からJR北海道に民営化されてから

倉本聰が架空の悲別駅として脚本に描いた函館本線

上砂川駅に向かう支線が廃止となって、山田洋次監督の名作、

幸せの黄色いハンカチの舞台の夕張市に向かう石勝線の支線も

地元自治体が廃止に賛同を表明する異例の事態になっている中、

人口減少や過疎化の問題はあるけれど、遠い東京都の女性の

旅情をかき立てるほどの存在である日高本線は何とか

補助金頼みでもいいから存続して欲しいと思います。

さて、ローカル線のロケの舞台で思い出すのが、

サントリーのCMにかつて登場した日南線の伊比井駅と

JR四国キハ58系気動車を舞台に撮影されたロッテの

ガムのCMです。

サントリーのほうは伊比井駅が舞台と後で雑誌の記事で

知ったのだけれど、先行きが懸念される日高本線

悲しい結末を迎えることになったJR西日本三江線と異なり、

この味のある伊比井駅を抱える日南線に今では

ななつ星と同じ水戸岡鋭治デザインの海幸山幸という

観光特急が走って、CMの放送当時よりも沿線が活気づいていることは

嬉しい限りです。

JR四国のほうは、念願が叶いJR四国の車掌になる夢を果たした

クラスメートをかつての級友の女性たちがサプライズで

激励に訪れるという設定で、幼い頃に鉄道員を夢見た筆者も

思わず感情移入して見入ってしまいました。

鉄道員の夢と言えば、島根県一畑電車富山県

富山地方鉄道を舞台にシリーズ化された映画の

RAILWAYSのキャッチコピーも

大人が夢見てもいいのですよね、、、でした。

サラリーマンならば中堅以上の世代の中井貴一

三浦友和演じる主人公が今までの仕事を投げ打って

鉄道員の夢を追いかける姿に冒頭の上野駅の女性のように

童心に帰って感情移入した観客も少なくないと思うし、

養成費用自己負担による運転手の中途採用という

この映画を半ば現実にしたような取り組みが

千葉県のいすみ鉄道で行われたことも嬉しい限りです。